So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

蕎麦屋で飲みたいなぁ [食べ物]

休日に食べたお蕎麦。
今回は酒ナシで・・・次回は日本酒飲みながら蕎麦を楽しみたいな^^

小鉢

ざる

休みの日の朝、うみちゃんは風の通る場所でひっくり返っておりました。
気持ちよさそうだね^^

ころりん

夜は一緒にお風呂。
どうしてうみちゃんはブーたれ顔になるのかしら(笑)

ぶさいくちゃん

このお顔は可愛いよ^^

見上げるうみちゃん

長風呂も楽しい季節になってきたね^^

********
歩きすぎ(?)で足の親指が内出血です。重心が親指にかかると痛い。。。
デブったか? (@_@;;
身体のあちこち、ちょっとぶつけるだけで内出血するのよねー。
血管年齢調べた方が良いのかしら。

nice!(50)  コメント(5) 
共通テーマ:アート

三井記念美術館で開催中の驚異の超絶技巧展は凄かった [アート]

三井記念美術館で開催中の 「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」展に行ってきました。

これです

2014 年にも同館で超絶技巧の展覧会があったのに、またやるの?って思ったのですが、今回は前回展示された明治時代の作品に加えて、現代の作家たちによる超絶技巧アートが展示されていました。

ちらし

現代の作家たち、プロフィールを見ると私よりも年下の人たちが多いです。そして作品も「凄すぎる!」って唸ってしまうものが多くて、なんだかとっても嬉しくなりました。

もちろん先代たちの作品は有無を言わせない美しさがあって溜息ものです。
七宝の並河靖之、濤川惣助。彼らの作品は観ていて飽きないわー^^

二人のナミカワ

他にも牙彫の安藤緑山。陶磁の宮川香山など、他の展覧会でも惚れた作家達の作品がズラリでした。でも今回はせっかくなので、現代作家の作品を紹介してみよう!

まずはコチラ。七宝で作られた蛇革に見えるバッグ。
写真では分かりづらいけど、蛇がニュっと頭を出していて迫力があります。春田幸彦という方の作品。

バッグ

こちらは、お皿の上に魚がのっている・・・わけではなくて、一本の木を削って作った作品。お皿もサンマも一体となっているのです。一本造り・・・どうやって彫ったのか想像も出来ん!(笑)
前原冬樹さんという方の作品です。

恐るべし

江戸時代以来、多く作られた自在置物ですが、現代の作家 満田晴穂氏は、骨格が自在に動くものを作っちゃいましたよ。骨好きとしては惹かれる作品(笑)

骨骨

山口英紀氏のモノクロ写真にしか見えないコチラの作品も、実は墨絵なんだって。そう言われてまじまじ観ても、写真にしか見えない~(笑)

どう?

稲崎栄利子氏の陶磁作品。陶土、磁土、ガラスで作られてるそうですが・・・どうやって作ったの?これを作っていて「むきー!」ってならなかったの?って思うくらい、ビックリ仰天でまじまじ観ちゃいました。

恐るべし

まだまだ他にも呆気にとられる作品がズラリですよ。
これは是非とも実際に美術館に足を運んで、じーーーっくり観てほしい展覧会です!

**********
驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ
三井記念美術館
2017年9月16日~12月3日
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/

nice!(98)  コメント(35) 
共通テーマ:アート

サントリー美術館の「狩野元信展」に行ってきた [アート]

秋の展覧会シーズンが始まりました。
今回はサントリー美術館で開催中の狩野元信展に行ってきました。この日はメンバーズ内覧会。

たのしみ

狩野派と言えば、永徳や探幽が有名。でも、のちのちこれだけの繁栄を極めることが出来たのは、2代目の元信が居たからと言っても過言ではないのです。

この狩野元信は狩野永徳のおじいちゃん。16 世紀に活躍したのですが、江戸時代までは最も評価された人物なんだって。でも元信自身の真筆が非常に少なくて、確認されているのは 20 点くらい。なので元信を中心とした展覧会は今回が初めてです。

ちらし

サントリー美術館では、所蔵している狩野元信の「酒伝童子絵巻」が、もしも重要文化財に指定されたら、元信の展覧会をしたい!と歴代の学芸員さんたちが代々言い残していたらしく、2015 年にめでたく重要文化財に指定されて、今回の展覧会が開催出来たんだとか。

これです

もちろん今回の展覧会でも酒伝童子絵巻は展示されてますよ。

狩野元信の功績は、絵画様式をマニュアル化したこと。それから漢画だけでなく、やまと絵の分野も拡大させたこと、そしてパトロンを拡大させたことなんだって。37歳くらいで既に組織を率いていたんだから凄い才覚があるなあ。

柔らかい感じ

どちらかというと経営者として知られる元信の、絵師としての腕も凄い。だからこそ技法などをマニュアル化して伝えていけたんだろうね。

素敵です

元信の父、狩野派初代の正信の作品も今回は来ておりました。でも「竹石白鶴図屏風」は、9/25までの展示とのことなので、興味がある人はお早めに!
この正信の作品も残っているものは少なくて、10 点くらいなんだとか。見られるのは貴重ですよ。

*********
天下を治めた絵師 狩野元信
サントリー美術館
2017年9月16日〜11月5日
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2017_5/
*********

ランチは混雑していたので、サクっとお茶漬け(笑)

山椒〜

nice!(99)  コメント(31) 
共通テーマ:アート
前の3件 | -