So-net無料ブログ作成

映画「セザンヌと過ごした時間」を観たよ [映画・番組・GAME]

人気アートブログ「青い日記帳」と東京新聞のコラボでおこなわれた、映画「セザンヌと過ごした時間」の試写会に行ってきました。

ちらし

フランスの画家ポール・セザンヌと、文豪エミール・ゾラの 40 年にわたる友情を描いたドラマで、9 月 2 日から公開されます。
友情を描いた・・・と書くと聞こえが良すぎるか。ゾラが小説家としてデビューし成功していく一方で、いっこうに芽が出ないセザンヌ。葛藤、衝突が多く描かれてました。

どちらも進む世界は違えど、自分の世界を突き進むなかでの苦悩があって、それをうまく昇華できずに爆発させて傷つけちゃうもどかしさも伝わってきたわ。
しかしセザンヌがここまで激しい人物だとは知らなかった(@o@

私はエミール・ゾラの作品を読んだことがないので、読んでみようかなって思いました。映画を観たあとだから、「この作品を書いてた頃のゾラは、映画で言うとあのあたりね」なんて分かりそうw

眩しいひかり

映像は本当に美しいの。南仏の眩しい光、色。日本とは空気が違うなーって思ってスクリーンに見入ってしまったよ。エクス・アン・プロヴァンスの景色に惚れちゃう!
監督は絵画が大好きな人物のようで、セザンヌやゾラと交流のあった印象派として活躍する人物もたくさん出てきました。もちろん彼らの作品も。
画材屋さん兼、画商のタンギー爺さんも登場。これ、なんか嬉しかったな。
(ゴッホが彼の肖像画を描いてます)

最初のうちはサロンで落選した「落選組」としてみんなで集まって芸術を語る仲間たちが、どんどんサロンで認められていく・・・セザンヌの疎外感、分からなくないです。

ラストシーンで、成功したゾラが言う台詞。
「セザンヌは天才だった」
あー、セザンヌはまだ生きてるんだから、過去形にしないで〜って思って胸が痛かった。そのあとに続く言葉を聞いたセザンヌが去って行き、映画はエンドロールへ。

人が居ない美しい風景のなかに一人帰って行くセザンヌの背中。これがとってもとっても切なかったです。中等学校からの友達だったゾラとセザンヌの友情の在り方が、私にはあまりにも切なかったわ。お互いがお互いを必要としていたのにね。

生前は全然評価されなかったセザンヌ。でも彼は彼の描きたいものをまっすぐに描き続けたんだね。セザンヌはとくに好きな画家ではなかったけど、こうやって人物を知っていくと、これから作品を観る目も変わるから楽しい。

セザンヌは、20世紀に入ってピカソやマティスに崇拝されて、近代絵画の父と呼ばれてます。

さ、図書館でゾラの本を借りなくちゃw

***********
「セザンヌと過ごした時間」
2017年9月2日より、Bunkamuraル・シネマ 他にて全国順次公開
http://www.cetera.co.jp/cezanne/
【劇場情報】
http://www.cetera.co.jp/films/theater/?q=cezanne

あおくん

「ボクも思ったように生きるにゃ!」って顔のあおくんです^^

nice!(109)  コメント(30) 
共通テーマ:アート

nice! 109

コメント 30

くまら

この映画存在すら知らなかったっス
ただ、セザンヌの絵画ってあまり記憶が。。。
by くまら (2017-08-25 00:30) 

えーちゃん

私もこの映画は知りまへん(^^;
セザンヌよりスザンヌ(タレント)の方が良く知ってますw
by えーちゃん (2017-08-25 01:25) 

ChatBleu

この時代の画家ってなかなか評価されなかったのかなぁ。
違う方向での芸術家(小説も芸術としていいよね)が、中等学校から近くにいる関係だったってのがすごいなー。そりゃ、反発というか難しいこといっぱいありそう。
プロヴァンスの風景、綺麗だろうなー。それだけでも映画見る価値ありそう。
by ChatBleu (2017-08-25 06:54) 

OMOOMO

セザンヌのアトリエに行ったなあ。
by OMOOMO (2017-08-25 07:30) 

green_blue_sky

ゴッホ、セザンヌ、生前は恵まれなかったですね・・・
by green_blue_sky (2017-08-25 07:35) 

toshi

複雑な芸術家の心境や友情を描いた映画のようですね。
生前は認められなかった人が多かったようですね。
by toshi (2017-08-25 08:22) 

YAP

こういうのは、気にする人はするんだろうなあ。
私は端から自分にそういう類のものはないのはわかっているので、あまりそういうことを考えませんが、すぐ身近な人が急に上の方に行ってしまったら...取り残されたように思うのかな?
by YAP (2017-08-25 08:23) 

匁

情報有難う。行って見ます。
by (2017-08-25 08:40) 

きよたん

セザンヌ いいなあ 南仏いいなあ 
その人となりを知ると絵画を見るときに
確かにより理解が深まりますよね
9/2からですね チェックしときます


by きよたん (2017-08-25 09:24) 

リュカ

くまらさん
そうなんですよねー!(笑)
セザンヌの絵画って、モネやルノワールに比べると
ちょっと存在薄いですよね^^;


えーちゃんさん
あははは(笑)
わたしは、スザンヌのほうを知らないかもww
(芸能オンチ)


ChatBleuさん
この頃の時代って、まだまだ宗教画から抜け出せてない感じですよね。だから女性のヌードなんて御法度!ヌードにしていいのは女神だけとか、そんなノリだから(笑)
風景画もまだまだ宗教画の背景の一部でしかなかったから、新しいことをしようとしてた画家は評価されず苦労しただろうね。
プロヴァンスの風景、ため息が出るくらい美しかった!
ほんと、その景色見るだけでも映画館へ!って感じよ(笑)


OMOOMOさん
わー、いいなー!アトリエに行かれたのですね^^
今回のロケでは、ゆかりの建物なんかも使用したそうです。


green_blue_skyさん
セザンヌも、ここまで恵まれてなかったとは知らなかったです。
びっくり!


toshiさん
今は高く評価されている画家たちも、生前は認められなかった人たちが多いですよね。
それだけ今の時代はいろんな価値を受け入れる時代になったのかな。そのくせ内戦も多いけど(笑)


YAPさん
当時の画家たちって、売れなければ生活に困窮しちゃいますもんねー。だから余計に焦燥感もあったのかしら。
まぁ性格によるところも大きいのでしょうけどね^^


匁さん
この頃の画家の作品をモチーフにした映像もいくつか出てるようですよ^^
プロヴァンスの風景が兎に角美しかったです!
by リュカ (2017-08-25 09:26) 

リュカ

きよたんさん
ぜひぜひ見てみてください。
こういう映画って、あまり深く知らなかった画家のことを知ることが出来て楽しいです。
これからセザンヌの絵画見たら、いろいろな感情が湧いてきそう^^
by リュカ (2017-08-25 09:27) 

りみこ

キレイな映像を見てみたいですねー
最近美術館などにも行けてないので映画も良いですね
by りみこ (2017-08-25 09:47) 

リュカ

りみこさん
めちゃめちゃ映像が綺麗でしたよー。
プロヴァンスって画家たちの作品では見てるけど
映像としてあまり見たことがなかったので、こういうところなのね~って惚れ直した(笑)
by リュカ (2017-08-25 11:01) 

yakko

こんにちは。
芸術家も成功するまでにはいろいろ苦労があるんですね〜
あおくん ! 良い顔しています(^_^)
by yakko (2017-08-25 11:17) 

リュカ

yakkoさん
こんにちは^^
芸術家としては、死んでから評価されるよりも
生きてる間に評価してくれよーって感じでしょうね^^;
あお、この写真もイケニャンなのですww
by リュカ (2017-08-25 11:22) 

ponnta1351

こんな映画があるなんて知らなかった。
ゾラの小説は「居酒屋」「ナナ」とか読んだけれど遥か昔。
通常の生活に戻って良かったですね。
先日私のメールに返信が昨日届いて居たけど、ヘンよね。
リュカさんが帰路途中からのメール だったのに。

何れにしてもニャンコ達も安心して過ごせて良かったわ。
今日もすっごく暑いので閉じこもって居ますよ。
by ponnta1351 (2017-08-25 11:39) 

まつき

エクス・アン・プロヴァンスと言えば、どうでしょう軍団が
泊まれなかった場所と言うイメージしかない私って・・・( ̄▽ ̄;)
by まつき (2017-08-25 11:48) 

ちぃ

ゾラは学生時代に「ナナ」に手を出した事があったんだけど
読みきれずに挫折しました^_^;
この映画を見たらゾラに親近感を持って今度こそ読み切れるかしら…
南仏の光って独特でキレイよね。
見たら行きたくなっちゃいそう(^◇^;)
ムリだけどね〜w
by ちぃ (2017-08-25 12:10) 

raomelon

ラストシーンが目に浮かびましたよ~
南仏の美しい風景に惹き込まれそうですね^^
あおくんの眼差しが、凛々しい!!
by raomelon (2017-08-25 12:19) 

リュカ

ponnta1351さん
ゾラの小説読んでるのですね^^
とりあえずどれか1冊読んでみようと思いましたわー。
メール昨日届いたのですか?
へんなのー!
そうです、帰りの電車の中で書いたメールなのに(笑)
今日も本当に暑い。外出しないのが正解ですよ~~


まつきさん
わたしも同じですよーーー!(笑)
基本、海外の情報って、どうでしょう軍団で得る情報ばかりww
だから変な覚え方しちゃいますよ^m^
「ぶる~~じゅ~~」とか歌っちゃうし(笑)


ちぃさん
え!すごい!学生時代にゾラを手に取ったことがあるのですねっ
わたしなんて読もうとすら思わなかったわ~。
でも、若い頃に手に取らないと遅い本ってあると思いません?
今読んでも、「なにそんなに甘いこと言ってるの!」って、主人公に共感できない本もたくさんあって^^;
あー、若いときにこれは読んでおけばよかったーっていうのが多々あります^^;
この映画観ていたら南仏に行きたくなりましたよ(笑)
同じく無理だけどw


raomelonさん
ラストシーン、美しい色彩の風景の中に
黒い服を身につけたセザンヌが去っていくんですよー。
もの悲しいけど美しくて(笑)
なんか胸がギューってなりました。
by リュカ (2017-08-25 13:12) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

自分の場合は、おおスザンナ しか分かりません。(^▽^)
昨日、不染鉄展に行きましたよ。
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2017-08-25 13:23) 

リュカ

なんだかなぁ〜!! 横 濱男さん
その歌、知らないですー(笑)
不染鉄展に行かれたのですね。横濱男さんの好みに合いましたでしょうかー?^^
by リュカ (2017-08-25 14:08) 

侘び助

晩年になって・・・そこそこ・・・思ったように生きられている
幸せな我が人生ですぅ \^-^/"

by 侘び助 (2017-08-25 17:37) 

kuwachan

エクス・アン・プロヴァンスで実際にロケだったのね。
エクスは姪っ子との最初の旅行で行った場所。
泉があちこちに湧き出ていて緑が多い街並みが綺麗だったわ。
もちろん、セザンヌのアトリエにも行って来ました^ ^
by kuwachan (2017-08-25 18:00) 

ゆきち

南仏の明るい太陽、いいですね♪
この光があるからこの作品が生まれるんだな~と思うことあります。日本の自然も美しいけれどそれとはまた違う色彩が魅力です(*^▽^*)


by ゆきち (2017-08-25 20:43) 

リュカ

侘び助さん
そう思えるのって幸せですよね^^
わたしも侘び助さんくらいの年齢になったとき、そんなふうに言える人生にしたいです!


kuwachan
もしもフランスに行く機会があったら
やっぱりプロヴァンスには行ってみたい!
セザンヌのアトリエにも行ったのね〜
そんなふうに画家を身近に感じられるのっていいね。


ゆきちさん
わたしもそう思います!日本の自然も美しいけど
それとは違う色彩がココにはありますよね〜〜
南仏の景色が劇場にうつると、太陽の光で場内があかるくなるんです。すごいなーって思いました。
by リュカ (2017-08-25 22:55) 

うっかりくま

ル・シネマで見た予告編やポスターがとても
綺麗で、ピーター・メイルの「南仏フロヴァンス
の12ヶ月」というベストセラー本を思い出しま
した。かなりシビアな話のようですが、見所が
いろいろあって面白そう!行けたらいいなあ。



by うっかりくま (2017-08-26 00:09) 

リュカ

うっかりくまさん
ピーター・メイルの本、調べちゃいました(笑)
素敵な感じですねー。図書館にあったら読んでみようかな。
この映画、ストーリーは綺麗なだけじゃないですが
映像がすばらしい!
そして当時の色んな画家が出てきたりして
面白いです。機会があったら観てください^^
by リュカ (2017-08-26 00:20) 

カトリーヌ

たいていの画家さんは生前評価されず
ですよね。死んだら価値が上がったり...
ゴッホもそうだし、切ないですね(T^T)
セザンヌは静物画のイメージです。
南仏あこがれますね~(*ノωノ)ポッ
by カトリーヌ (2017-08-29 19:44) 

リュカ

カトリーヌさん
画家にしてみたら、生きてる間に
名声を得たいですよね~。でもそううまくいく人は
ほんの一部ですよね^^;
南仏、今回の映画でますますあこがれが強くなっちゃった!(笑)
by リュカ (2017-08-30 09:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。