So-net無料ブログ作成
検索選択

横山大観 《生々流転》 を見ました [アート]

mozさん情報で、東京国立近代美術館で横山大観の水墨絵巻、
「生々流転」のすべてが見られることを知ったので、
さっそく 29 日に行ってきました。

竹橋にあります~~

この絵巻、なんと全長40m!!
40mですよっっ(◎o◎
それがまっすぐ一直線にケースの中に広げられているのです。
す・・・すごい。

「生々流転」は、横山大観54歳(だったかな?)の時の大作。
大気中の水蒸気からできた1粒の水滴が川をなし海へ注ぎ、
やがて龍となり天へ昇るという水の一生を、長い画面に水墨で描いた作品です。

図録がね、売られていないの(笑)
チラシも無かった。
なので、この大スペクタクルをお見せすることが出来ません^^;

活字だけで、伝えられるかな。。。
記憶が新鮮なうちに書き留めます。

これが生々流転の一部
※雰囲気だけでもと思い、美術館前の大きな看板を写してみました(笑)

長いので、続きはクリックしてね。


nice!(24)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

20世紀のはじまり・ピカソとクレーの生きた時代 [アート]

渋谷Bunkamura で開催している、
「20世紀のはじまり・ピカソとクレーの生きた時代」に行ってきました。

タイトルに、ピカソとクレーが出ているので
二人の展覧会かと思われちゃいますが、違います。
ドイツにあるノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館の所蔵展です。

この美術館が改修工事をするので、作品の貸し出しが行われたとのこと。

西洋絵画において、20世紀の最初の10年で起こった激動の変革。
それは、セザンヌ、ゴッホ、スーラが没し、自分の眼の回り、外側にある世界を写し取ることよりも、自分の内側にある世界・感情・思想・直感が作品に表現される時代になったこと。
(図録解説の抜粋ですw)

この展覧会には20世紀に活躍した画家たちの作品がきたというわけです。
エルンスト、マグリットなどのシュールレアリスムの作品もありました♪

クレーの絵です

こちら ↑ が、今回の図録。
表紙の絵は、パウル・クレーの作品。

クレーは好きな画家の一人なのですが、
絵を見たのは、1993年の「パウル・クレーの芸術展」以来。15年ぶりとな!w
(その展覧会も、やっぱり渋谷のBunkamuraでした。)

図録の表紙絵は「リズミカルな森のラクダ」というタイトル。
森の木々の音符の中を、1頭のラクダが楽しそうに歩いている絵。
ラクダが歌っているようにも見えてくる可愛らしい絵です。

クレーはヴァイオリンを習っていたので、音楽は身近な存在だったのかねえ?

こちらは、「人相の結晶化」という作品。

ちょっと悲しいかんじ
※画像は図録から撮りました

明るい色を使っているにもかかわらず、なんか寂しい。
心まで結晶化して、かたく閉じてしまったような印象を受けました。


ピカソの絵は、6 点来ていました。
去年さんざんピカソ三昧したので、私はもう充分(笑)
このくらいの点数で良かったですw
(ピカソ目当ての人だと、ちょっと寂しい思いをするかもしれません。)

「鏡の前の女」のモデルは恋人マリー・テレーズ。

色合いが良いんだよね~

もちろんもう一人の恋人、ドラ・マールの作品も来ていました(笑)
ドラ・マールの絵は、赤や青が基調で激しい感じがするけど、テレーズは優しい色遣いが多い??

面白かった絵は、ルネ・マグリットの「庶民的なパノラマ」です。

マグリットも好きぃぃ

普通、パノラマっていうと水平方向なんだけど、
これは垂直方向のパノラマ(笑)
奥行きがありそうで無さそうで、絵の前で不思議な感覚になりました。
(色は、実際の絵とかなり違って写ってしまいました)

イヴ・タンギーという人は、今回知った画家です。
これは「不在の淑女」という作品。

不思議な絵

右に立っている白い物体が淑女らしいんだけど、
絵を見ているほうからすると、淑女が見えているので ”不在” とは言えないのよねー。

明るいもやの向こうの存在からみて、「不在」なのかなーとか
いろいろ難しく考えちゃいました^^;
いくら考えても、分からないのにね(笑)

平日だったせいもあるのか、空いていてのんびり鑑賞できました^^
クレーの絵は小さい物が多いけど、他はわりと大きめの絵が多いので、
実物の前で、しっかりと絵の世界に入り込むことが出来ますよ♪


-----------
20世紀のはじまり・ピカソとクレーの生きた時代
2009年1月2日~3月22日
渋谷 Bunkamura ザ・ミュージアム
http://www.bunkamura.co.jp/museum/lineup/09_k20/index.html

4月10日~兵庫県立美術館

nice!(21)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

映画「旅立ち~足寄より~」で泣いたよ [映画・番組・GAME]

水曜日は、レディースデーで映画が1000円!ってところが多いですよね。
でも今までこのサービス利用したこと無かったんです。
(だって、いつも残業だったもの)

今回はじめてのレディースデー利用!(^-^)
観に行ったのは、松山千春の自伝小説を映画化した、
「旅立ち~足寄より~」です。

これがチラシ

全然チェックしてなかったこの映画。
でもこの間、北海道ラーメン「むつみ屋」でポスター見ちゃって、気になり始めたの(笑)

うちの母親は松山千春が大好きでした。
小さい頃、家では千春のテープが流れていました。

大学の時の恩師は北海道出身で、これまた千春が大好き。
スナックで熱唱するのは、もちろん松山千春。

そんなわけで、千春の歌は私にとって馴染み深いのでした。


水曜日!やって参りました。
渋谷シアターTSUTAYA!!

分かりづらい場所~

いや~~、地図印刷していかなかったら、全然場所が分からなくて
仕事中の相方クンに電話して、ナビしてもらいました^^;
      ほんとスミマセン。。。
ラブホテル街の中にあるのねー。分かりづらいよ!!(笑)

お客さんは、うちの母親と同じ年代の女性が多かったです。
あとは、私と同年代の人かなw

映画自体は、千春が23歳のときに書き下ろした自伝「足寄より」をベースにしてあって、
千春が「全国フォーク音楽祭・北海道大会」に参加してから、
STVラジオディレクターに目をつけて貰って、デビュー& コンサート開催までのお話。

千春の歌に対する思い入れが強いせいもあるけど、
映画全体を通してずっと泣いていました(笑)

北海道の広い広い景色、空、そしてそこにのびやかに流れる松山千春の歌声。
ラジオ番組のコーナーをまかせてもらった千春が伝える言葉。
生きる勇気を貰います。
ほんと、ポロポロ泣けた。

足寄の牧場で働いている友人との喧嘩の後、
寝ころんで見上げた大空。
つらいときは、空を見上げてみろみたいな台詞があって、
大空がこんなにも見渡せるところに住んでいる人は、きっと強くなれるんだなーなんて
思ってみたり。

千春がどうして全国テレビに出なかったのか、理由がよく分かりました。
千春の父親役の泉谷しげる、すっごい良い味だしていた!!
それから、千春の才能を見抜いたSTVラジオディレクター竹田役の萩原聖人も良かったよ。
どことなく体調が悪くなっている (疲れがたまっている) 表情が上手かった。

もし機会があったら、是非見て貰いたい映画です^^
北海道弁も懐かしかったし、昭和50年という時代も懐かしい!!
ストーブの上に置かれたヤカンとかね^^

函館でのコンサートの場面。
予想通り、くるぞくるぞ・・・と構えていたけど、やっぱり号泣(笑)
帰り道、泣きはらした目で渋谷から電車に乗って、超恥ずかし・・・いや、
なまら恥ずかしかったべやー!(><)

あ、でもね。
ラストシーン。
あのバラは嘘くさかった・・・加工しすぎたのかなあ。
もっと自然なバラを撮してくれたら良かったのにな~って思いました^^;


おまけ。
家に帰ってきてから、アルバムをひっくり返してみました。

小学生の時の家族旅行。
足寄の松山千春の実家前で写したものです。

時代を感じるでしょ?

今から20年以上前の写真。弟と一緒にパチリ。

映画に出てきた千春の家は、ものすごく古かったので、
この写真の家はきっと建て替え後のものなのね^^

まぁ。。。とにかく。
良い映画でした。

そして、カラオケに行きたくなっちゃいます!!!(笑)
誰かぁぁぁ・・・歌おぉぉぉぉぉぉっっ

  ♪だってあなた~~のぉぉ~~~
     あなたの旅立ちだーもーのー 泣いたりぃぃぃしなーーい~~♪

++++++++++
旅立ち~足寄より~
 新宿トーア
 シネマート新宿
 渋谷シアターTSUTAYA
 ワーナー・マイカル・シネマズ板橋

2009年1月24日より、全国順次公開
http://www.ashoro-movie.com/index.html
(※音楽が流れるので注意してくださいね)

nice!(22)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

神楽坂 MATOI さん、再び [お店(東京)]

昨日の火曜日は、久しぶりの友人とディナーです。
ずっと前に、会社に派遣で来ていたお姉さん。
5~6年ぶりかなー、なんて思っていたら、じつは 9 年ぶりでした(笑)

いやーん、そんなに月日が流れていたのね^^;

私の家と彼女の家の中間地点・・・それは飯田橋くらい。
というわけで、以前無能庵&da-kuraさん&ake_iさんと飲んだ
神楽坂のMATOI さんに来訪です(^皿^)

ブイヤベースとエビ食べるぞーーー!!

わくわくわくわく

17:30 に予約をしたんだけど、15分くらい早く着いちゃった^^;
でも、気持ちよく迎えてくれました♪

こういうの嬉しいよね~

店に向かう途中から近況を話していたので、席についてすぐにも話は弾みます(笑)
なにせ 9 年ぶり。
その間の人生、語ること多すぎだよ!!!

でもでも、エビちゃんを食べる手は止まらないのだ(笑)

相変わらず美味しゅうございました^^

「茹でたてシュリンプ with 三色ソース」です。
バリバリ皮をむいて、むしゃむしゃ食べました(^^)

今回の食事でございます

◎ バーニャカウダー~季節の野菜と共に~
◎ 霜降和牛のタタキ
◎ ブイヤベースのスープをリゾットにしてもらったもの
◎ トマトとチーズのオーブン焼


どんどん頼んだので、あっというまにテーブルいっぱいにお皿が並んでしまいましたw
どれもこれも、まじで美味しいのだ!
会話の途中、「おいしいー!」「やわらかい~~♪」という言葉が何度出てきたことか(笑)

今回、彼女は病み上がりだったのでお酒はナシ。
私はビールをもらいました。
へべれけにならなかったぞ!!!(^▽^)v

〆は、もちろんブイヤベースです♪

どうして魚介ってこんなに旨いの?

帆立も海老もプリプリよ!
スープがしっかり染み込んでいて、旨いよね~。
ブイヤベース大好きだ!!

彼女の誕生日が26日だったことを知ったお店からは、素敵なプレゼントが!

お店のお皿だよー!

お店のお皿です。
すごい嬉しいプレゼント♪
友人も大喜びでした(^-^)


気づけば 3 時間、あっというまに経っていました。
語り足りない私たちは、その後喫茶店へ移動。
そこでも 1 時間くらい話したのではないかしら?
まだまだお喋りしたいので、今度は「パリの朝市」でランチしましょーね!!!(^▽^)/


MATOI



nice!(24)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

試食会.jp って面白そう [覚書]

新しいレストラン開拓は、なかなか勇気がいるよね~。
お小遣い、たくさんあるわけじゃないから
どうせだったら美味しいお店を見つけたいし!!

もちろん、いろんな人のグルメブログは凄く参考になるのですが、
今回、面白いサービス知ってしまいました。

試食会.jpって言うんだって。

携帯から登録すると、毎週更新される最大7店舗の
試食会の予約が出来るらしく、お値段が5~8割引だそうな。
もちろん試食会って言っても、普段と同じ料理が出てくるらしい。

ほほー。
これは面白い!!
でね、どんなお店があるんだろう?って思って見てみたら
私が良く行っていたスペイン料理の「アマポーラ」もありました(笑)

この店、気に入っていたんだけど、引っ越してから行かなくなっちゃったのよね~^^;
でもまた行きたいな。。。パエリア食べたい・・・

早速携帯から登録してみたYO(^皿^)
そしたらね、現在は3店舗掲載されていて、59%Off と、68%Off でした。
これ、どんどん増えると嬉しいかもしれないね。
今後に期待してます。



試食会.jp
http://sisyokukai.jp/_cc/

このサイトの情報充実にも期待します。
まだ充分じゃないと思うのよね。
ご利用出来る店舗でのメニュー内容や価格など、ちゃんと書いて欲しいって思います!
携帯からじゃなく、PCでじっくり見たいから。
タグ:試食会.jp
nice!(31)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ご当地キューピー:宮崎・鹿児島 [グッズ・雑貨・キャラ]

今回は九州のキューピーちゃんゲットです(^-^)

マンゴーと豚だよぉぉぉ

いつも通り、相方クンの出張でゲット(笑)

鹿児島の黒豚キューピーと、
宮崎のマンゴーキューピーです。

宮崎は、東国原知事キューピーもあったらしいのですが、
あまり可愛くなかったんだって。
なので、マンゴーキューピーになったのでした♪

どちらのキューピーも、よだれかけをしているけど・・・
食べられるのはキミたちだよ(笑)


+++++++++++++++++++

ここからは、覚え書きです!!
2月1日から、前売り開始の展覧会♪

海のエジプト展
~海底からよみがえる、古代都市アレクサンドリアの至宝~


横浜開港150周年記念事業の一環として開催される、
アレクサンドリアの沖合から引き上げられた遺物を紹介する展覧会!!

巨大なファラオや女神、スフィンクスなどの石像や、宝飾品、コインなど
約490点すべてが日本初公開。
海底での発掘調査を疑似体験することもできるそうだよ(^-^)

公式サイトが出来たそうなので、メモメモ。
http://www.asahi.com/egypt/

2009年6月27日(土)~9月21日(月・祝)(予定)
パシフィコ横浜
nice!(22)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

「ヴィノスやまざき」と「万豚記」 [お店(東京)]

今日は、有楽町のヴィノスやまざきまでワインを買いに行きます(^-^)
もちろん数本買ってくるので、カートで出発♪

旅行よりも買い物専用になってます

今回は 4 本購入~~♪♪

さすがに重たかった

じゃじゃーん!!

今回仕入れたワイン

円高還元セールもやっていたので、普段よりも安く買えたワインがあります^^

えーっと、左から

◎ カバ アルテ ラティーノ ブリュット (スパークリング) 1180円
◎ エミール ボエケル アルザス ゲヴェルツトラミネール (白) 2300円
◎ レッジウッド クリーク ワイナリー (白) 1880円※
◎ シャトー ド ヴィオー ラランド (赤) 2500円 ※

※印のついたものが、安くなっていました^^

嬉しいな~~♪
これでまた家でワインが飲めるぅぅぅ~~~
同じ価格帯のワインなら、成城石井のよりも美味しいと思います^^


有楽町ITOCiA(イトシア)




さて。夕ご飯は秋葉原のヨドバシで!

雑多な感じが好き

レストラン街にある万豚記です。
ここのお店、入りやすくて気に入っています。

かなり食べた

ホントは、担々麺を食べたかったのに、こんなにも注文しちゃったから
お腹いっぱいで・・・今回は担々麺は諦めました。

おこげが美味しかったから、まぁ良いか^^;

まじで食べ過ぎて、夜死んでました。
胃薬くれーーーーーって感じだったよ。反省。
                    また体脂肪率増えちゃった・・・


ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba



nice!(24)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

忍法!木の葉隠れ?? [うちの猫ゆず]

ボクは地面に溶け込んでみたよ!!

ただ伸びているだけとも言う

どうだ!
どこからがボクの体なのか、分からないでしょう!!(^皿^)v

同化しすぎ

これで、こっそり美味しい物に近づいて・・・
と思ったんだけど、ただ踏まれちゃうだけなのでした(ToT) ガーン

まだ修行が足りないのかな?
タグ: ゆず
nice!(25)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

東京国立博物館 特別展「妙心寺」 [アート]

本日、1/20 から開催されている妙心寺展に行ってきたよ。

臨済宗って、私にとってはあまり馴染みが無いので
「面白かったーーー!!!」というほどではありませんでしたが、
ふすま絵や掛け軸、屏風などは楽しく観てきました。

会場の後半の方 (第2会場) が見応えがあったよ。
前半部分は「書」が中心なので、文字が読めなくて^^;

でも、鎌倉時代の法華経の巻物をじ~~~~~っと観ていたら、
だんだんその達筆っぷりが面白くなってきて、
まるで文字が躍っているように見えてきました(笑)

しかもこんなにもたくさんの文字が書かれているのに、ひとつも誤字がなさそう!!
(そんなレベルでしか鑑賞できない私・・・)

あと、螺鈿の引き戸がすごく綺麗でした。
今回は図録を買ってこなかったので、写真をお見せできないのが残念。

迫力があったのは、狩野山楽筆の「龍虎図屏風」(17世紀) です。
<ポストカードの写真です>

右部分の龍

左部分の虎

近くで見ると、虎の毛並みが見事で息づいているみたい!
虎の左に居るのは豹なのよ。
この頃って、豹はメスの虎だって思われていたんだってさ(笑)
この屏風は、2/8 までの展示となります。

狩野元信の「四季花鳥図」も見事でした。
流れるような筆遣いで、気持ちよさそうに葉を伸ばす草木や鳥たち。
ぼーっと眺めてしまいました。これも 2/8 までの展示だったかな。

豊臣棄丸が実際に乗っていた玩具船も観てきたよ!!
これ素晴らしい!!
当時はとっても綺麗な装飾だったんだろうな~~~ってことが分かります。
(画像はこちら→) http://www.myoshinji2009.jp/works09.html

この棄丸が付けていた武具も展示されていて、
これまた小さいのに、ちゃ~~んと鎧なんだよねー。
戦乱の時代を感じる一品でした。
(ちなみに棄丸は秀吉の実子で、わずか3歳にして夭逝しました)

禅の世界。
根本を知らないので、展覧会の主旨をちゃんと理解したとは言えないけど、
名品をこの目でしかと見ることが出来て良かったです^^

皇室や公家との関わりが強かったんだな~ってことは分かりました(笑)

--------------------------
「特別展 妙心寺」
東京: 東京国立博物館(上野公園内) 1月20日(火)~3月1日(日)
京都: 京都国立博物館  3月24日(火)~5月10日(日)
http://www.myoshinji2009.jp/

nice!(21)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

歳時を楽しむお料理12か月 [本]

今回は、お気に入りの本の紹介(^-^)

二木屋の本

「歳時を楽しむお料理12か月」です。

日本家屋が国登録有形文化財に指定されている、
埼玉県北浦和の会席料理屋「二木屋」さんの協力で作られた本。

日本って、毎月毎月いろいろな行事がある国でしょう。
そんな行事の由来が書かれていたり、
料理が紹介されていたりして、楽しい本です♪

私のバイブル(笑)
なーんて言っても、二木屋さんには行ったことは無いんだけどネ^^;

たとえば1月の行事、お正月では・・・

お正月の数々の飾り物。由来知ってる?

門松や、しめなわなど。それってどんな役割があったのかなど
楽しく紹介されているの^^
もちろん美味しそうなお節料理も紹介されているのよん^^

5月なら端午の節句。

男の子の出世を祝うのね

武者人形の紹介もバッチリ。
読んでいて面白い^^

秋はやっぱり松茸!!

この間の秋は土瓶蒸し食べ損ねた

ヨダレが出ちゃうような料理がたくさん紹介されているのだ。

それから、料理を更に楽しむための器選びに関する TIPS など^^

こんな器があったら、料理も美味しそう?

写真満載で日本の歳時が分かる 1冊なのさ♪
せっかく四季折々の味が楽しめる日本に居るんだもん、
伝統行事の由来を知って、美味しく料理を食べたいよね(^-^)b


歳時を楽しむお料理12か月

歳時を楽しむお料理12か月

  • 作者: 小林 玖仁男
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2008/12/20
  • メディア: 単行本




【おまけ】
なーんて、偉そうに書いたけど、ラーメンが好きな私(笑)

むつみ屋

ゆきぽんのブログがラーメンラーメンだったので、
影響受けて、今日のお昼はラーメンです(^皿^)

北海道ラーメン むつみ屋の白味噌らーめん 800 円!
はぁ~~♪
やっぱり道民には、味噌ラーメンが故郷の味(笑)
nice!(27)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ: