So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「エゴン・シーレ 死と乙女」を観たよ [映画・番組・GAME]

昨日は映画「エゴン・シーレ 死と乙女」を観てきました。
エゴン・シーレ。1918年に28歳でこの世を去ったウィーンで活躍した画家です。

これです

エゴン・シーレの作品はあまり観たことがありません。展覧会で何点か観たことがあるのですが、どこまでも死がつきまとうような、そんな印象で好きになれませんでした。

モディリアーニの作品も最初はちょっと抵抗があったんだけど、モディリアーニの映画を観て、どんな人物なのかを少し知ることが出来てからは、好きな画家になりました。今回、シーレの映画があることを知って、どんな人物なのかを知ることが出来たら、絵の見方も変わるかなーって思ったのでチャレンジしたのでした^^

この時代って、第一次世界大戦があったり、世界的に病気が流行したり。
ある意味、死は身近にあったんだって改めて気づかされました。シーレも1918年に大流行したスペイン風邪で命を落としたんだね。

アドルフ・ヒトラーが入学出来なかったウィーン美術アカデミーに、史上最年少で入学したシーレ。でもそこを退学して「新芸術集団」を結成して頭角を現していったわけなんだけど、そこには妹を含め女性モデルの存在が大きく関わっていたんだね。
シーレはモデルを通して何を見ていたのかなーって、そんなことを思いながら映画を観ました。

ちらし

シーレの作品はほんの何点かしか観たことがないから、もしも機会があったら、この女性がモデルだった頃の作品・・・って感じで見ていきたいな。ピカソのように(笑)

スペイン風邪で妻と、そのお腹に居る子供を失い、本人も亡くなるわけなんだけど、もしも生きていて無事に子供が生まれていたら、「生」を感じる作品も描いたのかなー。
でもシーレのような人物は、「家庭の幸福」みたいなものは似合わないかもしれないな、なんて感じちゃいました。

ワイン

この日はラーメンじゃなくてサラダランチ。
ちょっとだけダイエット開始なのよー。と言いつつ、グラスワイン飲んでるけど(笑)

ぱくぱく

風が冷たい日だったので、クラムチャウダーが美味しかった。

ごちそうさま

映画の後は、展覧会へ GO!! なのです。
その話は後日。

******
「エゴン・シーレ 死と乙女」
http://egonschiele-movie.com/

劇場情報
http://egonschiele-movie.com/info/

nice!(102)  コメント(34)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート