So-net無料ブログ作成
検索選択

フランス絵画の宝庫〜ランス美術館展に行きました [アート]

ゴールデンウィーク、お休みの皆さまは如何お過ごしですか?
私は昨日から連休に入って、昨日は掃除洗濯のあと、家の前の公園にあおうみをデビューさせました(笑)
その様子は明日にでも記事にします。

今日は4月29日に展覧会に行ったときの記事です。
連休だとミュシャ展、バベルの塔展、草間彌生展あたりは大混雑だと思われますが・・・新宿の損保ジャパン日本興亜美術館で開催中の 「フランス絵画の宝庫 ランス美術館展」 は穴場だと思いますよ^^

こんなビル

フランス、シャンパーニュ地方にあるランス美術館。この美術館は初期ルネサンスから現代までの作品を所蔵しているらしく、今回の展覧会では17世紀から20世紀までの70点が来ておりました。
人があまり居ない静かな空間で作品を楽しめましたよー。

ちらし

なんといっても今回は、藤田嗣治の作品がドーンと来ております^^
ランス市内にあるフジタの発案で建てられた「平和の聖母礼拝堂」。その礼拝堂内の写真パネルも展示されていて、フジタの描いた素描・フレスコ画・ステンドグラスなども見ることが出来ました^^

この色の黒いマリアさま。アフリカ系アメリカ人をモデルにしたそうな。
俳優のマルペッサ・ドーンという女性がモデルなんだって。

ちらし

こんなふうに知ってる猫の作品も来ていたけど、今回の展覧会はあまり見たことがないフジタの作品を楽しめました。

猫ねこ

自分が7歳の頃の自画像などもあって、それは初めて見たかもなあ〜。
フジタがサロメを描くと、とっても柔らかく優しい印象になるんだなーなんて思える作品もあったよ。
日本と西洋が融合した金箔の屏風絵を思わせる「十字架降下」という作品も良かったわ。

展覧会自体は、17世紀の作品から年代を追って展示されておりました。なのでフジタの作品はフロアの最後の方なんだけどね^^

ドラクロワの作品や・・・

ハムレットかっこいい

ゴーギャンも来てました。

バラと彫像

モーリス・ドニのこの作品は海水浴の場面なんだけど、その色調やポージングのせいか、神話の中のワンシーンに見えてしまいました。惹かれた作品のひとつ。

いいね

ほんとにのんびり楽しめた展覧会でした。
常設展示のゴッホの「ひまわり」、ゴーギャンの「アリスカンの並木路、アルル」、それからセザンヌの「りんごとナプキン」も観てきたよ^^
もちろん、ルオーや東郷青児の作品もね。

これでーす

次回の展覧会は、明治から昭和にかけて風景画の第一人者として活躍した吉田博の展覧会だそうな。面白そうなので観に行こうと思います^^

雰囲気がいいね

損保ジャパン日本興亜美術館をあとにして、ほんとは展覧会のハシゴをしようと思ってました。三井記念美術館で開催している「奈良 西大寺展」

ちらし

でも調べてみたら、浄瑠璃寺の秘仏である吉祥天立像の展示が 6月6日〜6月11日なのが分かったので、その期間に行くことにしました。
浄瑠璃寺で限定公開だったときに観に行ったのよね〜。ほんっと美しかったからまた会いたいのでした^^

---------
「フランス絵画の宝庫 ランス美術館展」
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
2017年4月22日〜6月25日
10:00〜18:00 ※金曜は19時まで
http://www.sjnk-museum.org/program/current

nice!(73)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート