So-net無料ブログ作成

おもしろびじゅつワンダーランド に行ってきたよ [アート]

サントリー美術館で開催中の「おもしろびじゅつワンダーランド」展に行ってきました。

入口

夏休みの子供向け企画で、デジタル技術や舞台装置的演出を通して、日本美術を楽しむというコンセプト。この展覧会では、大きな声を出したりはしゃいだりするのも OK!!
親子で楽しめる展覧会になってるよ。

そして普段は撮影不可だけど、この展覧会は撮影 OK だったので、それが私には嬉しかったわww

わーいわーい

最初に出迎えてくれたのは野々村仁清の鶴でした^^
わお、仁清さんの作品もパチリできるなんて嬉しいわ(笑)

それから、アニメやゲームで馴染みのある鳳凰。狩野探幽の桐鳳凰図屏風も展示されていたよ。子供たちも「鳳凰って知ってるー!××(忘れた)に出てくるんだよー」って言っていたわ。

鳳凰です

このあたりは屏風絵を映像で楽しむコーナーもありました。
お次のフロアは切子ゾーン。サントリー美術館のガラスコレクションの切子がズラリですよ。

こんな雰囲気

子供たちが飽きないように内装の装飾も凝ってます。綺麗だった〜!

どうですか?

文様コーナーでは、縁起の良い宝物をあつめた「宝尽文」について解説されていたよ。遊びのコーナーもあって、そこで子供たちは遊んでます。お宝の形をしたクッションがいっぱい入っていたけど、どんな遊びをしてたのかしら?(笑)

子供コーナー

お次のフロアに見えてきたのは、巨大な白い徳利。設置されているマイクの前で大きな声を出すと、この白い徳利に墨を吹き付けたような文様が浮かび上がるのだ。大きな声を出すと、もちろんその文様も大きくなってましたよ。

わーわーわーww

絵巻のコーナーもありました。室町時代の京都の屋敷が舞台の「鼠草子」です。この絵巻、別の展覧会で観たことがあるんだけど、一部しか観たことがなかったので、話のオチは知らなかったのです。

おとぎ話〜〜

今回はちゃんと最後まで観ることが出来たわー。物語がわかりやすいように台詞も付けられていたので楽しめました^^
音声ガイドで物語を楽しむことが出来ます。

そういう話だったのねー

最後のフロアでは、自分だけの着物をデザインすることができるコーナーになっていて、子供たちは真剣にお絵かきしてました。

楽しそうね

夏休みの自由研究にも良いんじゃないかしら?
館内は涼しいし、空いてるし、ぜひぜひ楽しんでくださいなー^^

展覧会後はお茶漬けにしたよ。
奄美大島の鶏飯のお茶漬け。「」って書かれてるだけあって、奄美大島で食べたものとは違うけど、美味しかったです^^

えんってお店

-----------
おもしろびじゅつワンダーランド
サントリー美術館
2017年8月1日〜8月31日
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2017_4/index.html
中学生以下は無料

nice!(95)  コメント(33)