So-net無料ブログ作成
映画・番組・GAME ブログトップ
前の10件 | -

映画「セザンヌと過ごした時間」を観たよ [映画・番組・GAME]

人気アートブログ「青い日記帳」と東京新聞のコラボでおこなわれた、映画「セザンヌと過ごした時間」の試写会に行ってきました。

ちらし

フランスの画家ポール・セザンヌと、文豪エミール・ゾラの 40 年にわたる友情を描いたドラマで、9 月 2 日から公開されます。
友情を描いた・・・と書くと聞こえが良すぎるか。ゾラが小説家としてデビューし成功していく一方で、いっこうに芽が出ないセザンヌ。葛藤、衝突が多く描かれてました。

どちらも進む世界は違えど、自分の世界を突き進むなかでの苦悩があって、それをうまく昇華できずに爆発させて傷つけちゃうもどかしさも伝わってきたわ。
しかしセザンヌがここまで激しい人物だとは知らなかった(@o@

私はエミール・ゾラの作品を読んだことがないので、読んでみようかなって思いました。映画を観たあとだから、「この作品を書いてた頃のゾラは、映画で言うとあのあたりね」なんて分かりそうw

眩しいひかり

映像は本当に美しいの。南仏の眩しい光、色。日本とは空気が違うなーって思ってスクリーンに見入ってしまったよ。エクス・アン・プロヴァンスの景色に惚れちゃう!
監督は絵画が大好きな人物のようで、セザンヌやゾラと交流のあった印象派として活躍する人物もたくさん出てきました。もちろん彼らの作品も。
画材屋さん兼、画商のタンギー爺さんも登場。これ、なんか嬉しかったな。
(ゴッホが彼の肖像画を描いてます)

最初のうちはサロンで落選した「落選組」としてみんなで集まって芸術を語る仲間たちが、どんどんサロンで認められていく・・・セザンヌの疎外感、分からなくないです。

ラストシーンで、成功したゾラが言う台詞。
「セザンヌは天才だった」
あー、セザンヌはまだ生きてるんだから、過去形にしないで〜って思って胸が痛かった。そのあとに続く言葉を聞いたセザンヌが去って行き、映画はエンドロールへ。

人が居ない美しい風景のなかに一人帰って行くセザンヌの背中。これがとってもとっても切なかったです。中等学校からの友達だったゾラとセザンヌの友情の在り方が、私にはあまりにも切なかったわ。お互いがお互いを必要としていたのにね。

生前は全然評価されなかったセザンヌ。でも彼は彼の描きたいものをまっすぐに描き続けたんだね。セザンヌはとくに好きな画家ではなかったけど、こうやって人物を知っていくと、これから作品を観る目も変わるから楽しい。

セザンヌは、20世紀に入ってピカソやマティスに崇拝されて、近代絵画の父と呼ばれてます。

さ、図書館でゾラの本を借りなくちゃw

***********
「セザンヌと過ごした時間」
2017年9月2日より、Bunkamuraル・シネマ 他にて全国順次公開
http://www.cetera.co.jp/cezanne/
【劇場情報】
http://www.cetera.co.jp/films/theater/?q=cezanne

あおくん

「ボクも思ったように生きるにゃ!」って顔のあおくんです^^

nice!(109)  コメント(30) 
共通テーマ:アート

「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」を観たよ [映画・番組・GAME]

トム・クルーズ主演の 「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」 を観てきました。

ちらし

古代エジプト&ミイラとくれば、冒険もの?なんて思ってたのですが・・・
思いっきりゾンビものでした(笑)
あ、ザ・マミーなのでミイラものと言ってあげた方がいいのかもしれないけど、やっぱりゾンビものだな(笑)

生きたままミイラにされた王女さま(美人です!)。彼女が騎士団の死体を操るのはちょっと納得いかなかったけど、まぁこんなもんかなあ?
飛行機が墜落するシーンや、砂嵐のシーンはさすがの迫力でした!
ゾンビの動きは笑っちゃったけどww

映画の最初に「ダークユニバース」って活字が出てきて、なんだろう?って思ったのですが、ユニバーサル・スタジオのプロジェクトの一つで、ドラキュラやフランケンシュタイン、狼男などなど、昔映画で活躍した怪物たちを現代の映像技術で蘇らせるものなんだね。

今回のミイラ映画はその第一弾だったみたい。
今後は、透明人間の映画でジョニー・デップの主演が決まってるそうな。そして今回の映画に出てきたある組織が、今後の映画にも絡むようで、そういうノリはちょっと楽しみだわ。

その組織で働いてみたい~~ww

映画前の夕ご飯は、蛤SOBAでした^^

醤油

************
ザ・マミー / 呪われた砂漠の王女
http://themummy.jp/

だから楽しみにしてたのよ

************ 【お知らせ】 ************
※ 私が利用してるメールサーバーのメンテナンスが以下日程であります。
メールが配信不能で戻ってきてもビックリしないでくださいね^^

2017年8月8日 07:00~10:00

nice!(82)  コメント(26) 
共通テーマ:アート

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊を観たよ [映画・番組・GAME]

「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」 を観てきました!!

パンフレット

2003 年に初めてこの映画を観て、もともとディズニーランドのカリブの海賊が好きだった私はドップリ嵌まったのよね〜。

回を重ねるごとに、どんどん大スペクタクルになっちゃって(笑)
今回も見応えがありましたよー。
ジャックは相変わらず飄々としてるし、前半は笑いながら観ちゃったよ。

でも今回は泣いた〜 (>_<
若き日のジャックも登場して(これは若い役者さんだったのか違うのか謎w)、ジャックがなんであんなに色んなものを身につけてるのかも分かったわ。
今回の話では、ジャックの剣のアクションシーンはあまり観られなかったかな?

これから観る人もたくさん居るだろうから、内容は書かないけど・・・今回は綺麗なエンディングを迎えたって気がしました。このまま終わっても良いだろうなって思うけど、やっぱりエンドロールのあとの映像では、え!あのお方が?、、、、おっと、言いません。まだ話は続くのねw

ジャック・スパロウも好きだけど、バルボッサも好きだなあ。
あああ(ToT)...
そしてブラックパール号も復活!やっぱりカッコイイ♪♪

気になる人は映画館へ GO です^^

あおくん、ぱーれい?

お昼はつけ麺。COREDO室町で映画を観たので、この中にある「むぎとオリーブ」で食べました。

いただきます

しばらくは海賊モードが続きそうだわ。
家で順番に観直してますww

DVDよー

ヨーホー!

nice!(105)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

夫婦岩の写真が番組に使われたのだ [映画・番組・GAME]

千葉のテレビ番組関係の人から、
歌番組に使いたいので、写真を貸してもらえませんかと言われたのが 3 月中頃。

伊勢旅行で夫婦岩を撮った写真でした。
数枚送っていたのですが、無事に番組に採用されたらしく、その番組の DVD を送ってくれました。

DVD

とっても素敵な雰囲気に仕上がっていましたよ。
自分の写真が使われるなんて、なんか嬉しいねえ^^

やる気まんまん

あおもオファーがあると良いんだけどね(笑)

うみも??

え?
うみもー?
頑張れるのーーー?(笑)

ちなみに、今回の音楽番組制作者さんは、山梨県忍野村の雪景色の写真を探しているそうです。でも残念ながらわたしは忍野村には行ったことがないのだ。

もし、持ってる人が居て提供してもいいよーって人は居ませんか?
あ、謝礼は出ませんがww
DVD は送って貰えるかもー^^

***** おしらせ *****
5月14日は、メールサーバーのメンテナンスがあります。
この日、ococoa.net ドメインのメールは受信できない可能性がありますので、どうぞよろしくお願いします。配信不能で戻ってきてもビックリしないでくださいね。

タグ:伊勢 夫婦岩
nice!(115)  コメント(36)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

映画「美女と野獣」を観たよ [映画・番組・GAME]

昨日は映画「美女と野獣」を観に行きました。

でーん

ハリー・ポッターに出ていたエマ・ワトソンが、今回はベル役で登場。
話自体はあまりにも有名な美女と野獣。

かわいいね

アニメも他の実写版の映画も観てるから泣かないだろうと思っていたのに、途中、不覚にも泣いちゃったわ(笑)

さすがのCG

映像もキレイだった!
歌が多くて、それがちょっと飽きちゃうけどディズニー映画だしネ(笑)
どっぷりディズニーの世界に浸ったまま、週末はディズニーシーに行ってきます。

バラ

そして・・・7月1日はパイレーツ・オブ・カリビアンの最新作が!
楽しみだわ♪

ジャック!

******
ランチはコレド室町2 にある「むぎとオリーブ」

初めてはいるよ〜

蛤SOBA を食べてみました。
おなかいっぱい^^

ラーメンです

今日はコメント欄閉じますね。すみません。

nice!(104)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「エルミタージュ美術館 美を守る宮殿」の試写会に行ったよ [映画・番組・GAME]

4月29日からロードショーとなる、映画 「エルミタージュ美術館 美を守る宮殿」 の試写会に当選したので観に行きました。

ちらし

日本でも何度かエルミタージュ美術館展は開催されていて、今も六本木の森アーツセンターギャラリーで 「大エルミタージュ美術館展」が開催されてます。この展覧会にも行くつもりなのですが、映画を観てからの方がより楽しめるかな?と思って、試写会を楽しみにしてました。

エカテリーナ二世が集めた絵画コレクションをもとに 1764 年に設立。
世界三大美術館(ルーヴル美術館、メトロポリタン美術館、エルミタージュ美術館)のなかで最も古い歴史を持つ美術館なんだけど、映画を観ると本当に激動の時代とともにエルミタージュ美術館はあったんだなと実感しました。

こんなかんじ 【映画ちらしより拝借】

なぜエカテリーナ二世がヨーロッパから美術品を集めたのか、とくに考えたことがなかったので「なるほどなー」と唸ってしまったわ。(なぜなのかは映画を是非w)

現在の館長さんのお話、革命時のことを知っているおばあさんのお話、切なくて胸をギューっとつかまれたような気持ちになります。自国の学芸員を強制収容所に入れたり処刑していた時代があったなんてビックリでした。

館長さん 【映画ちらしより拝借】

戦争のために何度も美術品を避難させたりしてるのは、映画 「ミケランジェロ・プロジェクト」 を思い出してしまったよ。極秘裏に運ばれる美術品たち。。。

作品を避難させて、美術館内に残っているのはカラの額縁だけ。
そこに疲れた兵士がやってきて、学芸員さんはそこに飾られていた絵の説明をしながら館内を案内して、兵士の疲れた心を和らげてあげたというエピソードは、思わずうるるとしてしまったわ。

館長さんの美術館のあるべき姿、学芸員を含めた自分たちがやるべきことの話は心を打たれるものが多かったです。

映画鑑賞後は、美術ブログの有名人 Tak さん (青い日記帳) のトークもありました。

こんな雰囲気

「日本でもいろいろエルミタージュ美術館展をひらいてますが、エルミタージュ美術館展と言ったら?」という Tak さんの問いかけに、答える人は誰も居なかったのですが、心の中で 「東武美術館!」って思いました(笑)

Tak さんの答えも東武美術館。
年に1回、必ずエルミタージュ美術館展を開催してました。東武美術館が幕を閉じるまで、いちおう関わっていた人間としては、今でも美術館の名前が出てくるのは嬉しいです(笑)

この映画、かなり面白かったです。
普段は見られない貴重な作品も惜しみなく見せてくれて良かったわ。
そして何よりも、ロシアという国の激動の歴史を美術館を通じて垣間見ることが出来たのは貴重でした。

たくさんのネコちゃんもネ^^
エルミタージュ美術館は、ネコが警備員だもんね(笑)

あおくん

あおじゃ警備員は務まらないなあ~ww
ちゅ~る出されたら、すぐにホイホイ付いていくでしょう!w

----------
「エルミタージュ美術館 美を守る宮殿」
http://www.finefilms.co.jp/hermitage/
4月29日より公開

nice!(86)  コメント(27)  トラックバック(2) 
共通テーマ:アート

映画:レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮 [映画・番組・GAME]

今日から母親が遊びに来るので、コメント欄は閉じておきますね^^

ドキュメンタリー映画、 「レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮」 を観てきました。観に行こうと思っていた映画館では 3 月 3 日までの公開だったのでギリギリ間に合ったわ。

ちらし

「最後の晩餐」 の修復責任者であり、ダ・ヴィンチ研究の第一人者であるピエトロ・マラーニら専門家を迎えて、ダ・ヴィンチが天才と言われるゆえんを作品解説を交えながら紹介するもの。
ただ、期待していた内容じゃなくて少し残念だったなぁ。

日本語吹き替え版だったんだけど、聞き慣れない長い外国人の名前や地名を言葉だけで言われても頭に入らないのよね(笑)
字幕で、ちゃんと一つの単語として目で見て理解したかったなーって思いました。

それから、ダ・ヴィンチに関わった人たちが登場する再現ドラマもあったんだけど、このカメラワークがわたしは個人的に好きじゃなかったです。いろんな角度からの顔のアップが多すぎて、ちょっと鬱陶しく感じてしまいました。映画館の大画面で見ていたから余計に疲れた^^;

でも、衣装やセットはかなり凝っていてすごかった。
絵のモデルに似た俳優さんを選んでるのもすごいなあ〜って思ったわ。そしてダ・ヴィンチの目指していたものも垣間見た気がしました。ほんとに多才だったんだなあ〜(笑)

ちらし裏

ダ・ヴィンチの作品もいろいろ登場しました。以下覚え書き。
「モナ・リザ」
「ラ・ベル・フェロニエール」
「白貂を抱く貴婦人」
「ウィトルウィウス的人体図」
「岩窟の聖母」
「音楽家の肖像」
「イザベラ・デステの肖像」(未完)
「聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ」
「ドレイファスの聖母」
「洗礼者ヨハネ」
「最後の晩餐」

ちなみに今年の6月からは、三菱一号館美術館で、ダ・ヴィンチ × ミケランジェロ展がありますよ。

三菱

--------------
「レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮」
http://davinci-in-labyrinth.com/
--------------

映画鑑賞後のラーメンは、海老ラーメン^^

ごちそうさま

nice!(104) 
共通テーマ:アート

映画「エゴン・シーレ 死と乙女」を観たよ [映画・番組・GAME]

昨日は映画「エゴン・シーレ 死と乙女」を観てきました。
エゴン・シーレ。1918年に28歳でこの世を去ったウィーンで活躍した画家です。

これです

エゴン・シーレの作品はあまり観たことがありません。展覧会で何点か観たことがあるのですが、どこまでも死がつきまとうような、そんな印象で好きになれませんでした。

モディリアーニの作品も最初はちょっと抵抗があったんだけど、モディリアーニの映画を観て、どんな人物なのかを少し知ることが出来てからは、好きな画家になりました。今回、シーレの映画があることを知って、どんな人物なのかを知ることが出来たら、絵の見方も変わるかなーって思ったのでチャレンジしたのでした^^

この時代って、第一次世界大戦があったり、世界的に病気が流行したり。
ある意味、死は身近にあったんだって改めて気づかされました。シーレも1918年に大流行したスペイン風邪で命を落としたんだね。

アドルフ・ヒトラーが入学出来なかったウィーン美術アカデミーに、史上最年少で入学したシーレ。でもそこを退学して「新芸術集団」を結成して頭角を現していったわけなんだけど、そこには妹を含め女性モデルの存在が大きく関わっていたんだね。
シーレはモデルを通して何を見ていたのかなーって、そんなことを思いながら映画を観ました。

ちらし

シーレの作品はほんの何点かしか観たことがないから、もしも機会があったら、この女性がモデルだった頃の作品・・・って感じで見ていきたいな。ピカソのように(笑)

スペイン風邪で妻と、そのお腹に居る子供を失い、本人も亡くなるわけなんだけど、もしも生きていて無事に子供が生まれていたら、「生」を感じる作品も描いたのかなー。
でもシーレのような人物は、「家庭の幸福」みたいなものは似合わないかもしれないな、なんて感じちゃいました。

ワイン

この日はラーメンじゃなくてサラダランチ。
ちょっとだけダイエット開始なのよー。と言いつつ、グラスワイン飲んでるけど(笑)

ぱくぱく

風が冷たい日だったので、クラムチャウダーが美味しかった。

ごちそうさま

映画の後は、展覧会へ GO!! なのです。
その話は後日。

******
「エゴン・シーレ 死と乙女」
http://egonschiele-movie.com/

劇場情報
http://egonschiele-movie.com/info/

nice!(102)  コメント(34)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

映画:幸せなひとりぼっちを観てきたよ [映画・番組・GAME]

昨日は、映画 「幸せなひとりぼっち」を観てきました。

これですー

テレビの映画紹介で知って、面白そうだなーと思ったまま忘れていたのだ。全国で順次公開されるけど、私が観に行く映画館では最終日だったので慌てていきました(笑)

亡き妻の後を追い、自殺を試みる主人公の偏屈おじさん。
でもそんなときに越してきた隣人に振り回され、自殺どころじゃないの(笑)
何度も死のうとして、そのときに見る走馬燈のようなシーンが、若い頃の主人公の人生なんだけどホロリと泣ける。

彼はずっと正義を貫いてきたんだなー。たとえそれが人から疎まれるようなことであっても、基本的には正直に生きてきたんだろうなと感じたよ。
隣人とのやりとりは、クスっと笑ってしまうところも多いんだけど、主人公の思い出、そして亡き妻を思うシーンは涙がポロポロだったよ。目が腫れるから映画館では泣きたくないのになあww

とっても良い映画でした。
偏屈おじさんは、周りの住民に愛されていたおじさんだったね^^

この映画には猫ちゃんが出てくるんだけど、この子が可愛くて演技(?)がうまい!
うちの子と比べちゃったよぉーww

むりね

いやいや、あおじゃ無理だよー(笑)
きっと全然良い演技が出来ないと思うよ ^m^

帰り道で食べたラーメン。
展覧会じゃないけど、ラーメン食べちゃったw

あごだし

あと 2 作品、観たい映画があるのだ。今日から公開なんだけどね。
エゴン・シーレとダ・ヴィンチの映画。サービス DAY を狙って行くつもりです^^

********
【幸せなひとりぼっち】
http://hitori-movie.com/

********
お友達の、くつしたにゃんさんから贈り物が届きました^^
あお&うみのおやつーー!

おいしいね

2ニャンは大喜びですよー^^
それから、earth music&ecology のノベルティグッズも入ってました。

かわいい

猫ちゃん可愛い!
何を入れて持ち歩こうかなー^^

くつしたにゃんさん、ありがとうね!!

nice!(93)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリーを観たよ [映画・番組・GAME]

28日の水曜日はレディースデイを利用して、映画 「ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリー」 を観てきました。

広告

スター・ウォーズの世界は壮大だから、サイドストーリーなんていくらでも作れそうだよね。まったく金儲けに走ってるんだから〜なんて思いながらも、やっぱりスター・ウォーズは映画館に行ってしまう(笑)

実際に観て・・・めちゃめちゃ面白かったー!
金儲けだなんて言ってゴメンナサイって感じでした(笑)

スター・ウォーズの第一作目、エピソード4 に繋がるストーリーだけど、スター・ウォーズを観てない人も楽しめるんじゃないかなって思う。もちろん知ってる方が楽しいけどね^^

第一作目というと公開されたのが 1977 年。その時代に作られた映画だから、今回の映画で登場する機器があまりにも近代的すぎるとギャップがあるよなーって思っていたのですが、地味にアナログっぽいところがあって時代差をあまり感じなかったわ (^ω^

今回の主人公が奪ってくれた設計図があったからこそ、その後のスター・ウォーズが展開されていくわけで、ある意味大事なお話なんだなーって、オリジナル作品に深みが出たなーってしみじみ思いました。

観に行って良かった^^
やっぱりコレを観ちゃったら、このあとに続くエピソード4 が観たくなる。
WOWOWでは年末にスター・ウォーズ年越しオールナイトの一挙放送があるので、エピソード4の録画予約をしたわ♪

風来鶏さんが映画を観たレビューの中で 「レイア姫が本人の特殊メイクなのか CG 合成なのか判別できなかった」と書いてあったので、ラストシーンをガン見してきました(笑)
うーん、わたしはレイア姫の役者さん本人 (キャリー・フィッシャー) ではないと思った!

ホントのトコロはどうなんでしょうね?
やっぱり CG なのかな?

-----------
「ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリー」
http://starwars.disney.co.jp/movie/r1.html
-----------

レイア姫役のキャリー・フィッシャーさん、27日に亡くなったのですね。
ビックリしちゃいました。

nice!(83)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - 映画・番組・GAME ブログトップ