So-net無料ブログ作成
検索選択

アルチンボルド展が始まりました [アート]

上野、国立西洋美術館で 「アルチンボルド展」 が始まりました。

ちらし

16世紀後半。ウィーンとプラハのハプスブルク家の宮廷で活躍したジュゼッペ・アルチンボルド。彼の作品の特徴は、なんと言っても果物や野菜や魚、そして書物といったものを組み合わせて人の姿にしてることだよね。見たことある人も多いのでは? (^ω^)

20世紀のシュルレアリスム以後のアーティストたちにも大きな影響を与えたそうです。納得しちゃうよ(笑)

今回の展覧会では、「四季」「四大元素」 の全点が集結します。でもわたしが美術館に行ったときは、"大気" と "火" はまだ公開されていませんでした。6月24日から公開されるので、全部観たい人は、24日以降に行ってね。
パネルは展示されているので、どんな作品なのか観ることは出来ます。

海に生息している生き物を使って表した四大元素の「水」
真珠のネックレスをしているところがいいなあ^^

水

「大気」 はハプスブルク家を象徴する鷲と孔雀を組み合わせて、たくさんの鳥で形作られているよ。孔雀の羽がゴージャスな衣服になってるね^^

大気

「大地」 はこの地に生きる動物たち。かなりリアルに描かれていて、まじまじ観ちゃいます。

すごいねえ

「夏」 は野菜 & 果物!!これまた緻密に描かれていて、その観察力には脱帽だわ。

夏

「秋」 はやっぱり実りの季節だから、果物や野菜で表現しているよ。

美味しそう

ハプスブルク家の膨大なコレクションに囲まれて過ごすなかで培われた知識と自然観察。それに基づいて、できる限り多くの動植物を、アルチンボルドは正確に描き出していたそうですよ。
そして宮廷には巨大な収集室があって、そこには無秩序にいろいろなものが飾られていたそうな。かなり刺激を受けたんだろうなーと感じました。

どんな雰囲気だったのかのイラストが、大きなパネルで展示されてました。なんかねー、自然科学博物館の魚類・動物・鉱物の標本が、ごっちゃりと同じ部屋にあるような感じ(笑)
こりゃ、いろいろ組み合わせて新たなものを作りたくなるかも・・・なんて思いました^^

普通に鉢に盛った野菜・・・

野菜よ

ひっくり返して観ると、人の姿に見えるねー。こんな作品も展示されてましたよ。

面白い

アルチンボルドの作品以外も、彼の追随者の作品もあったし、あとは魚や鳥をできる限り正確に描いた作品も。これはほんっと凄かったわ^^

いろいろな展覧会で 1 点〜 2 点、アルチンボルドの作品が来ることはあるけど、これだけ揃うのは (油彩約10点) 珍しいかな?と思うので、興味があったら是非是非^^

あおくん

うみ

うみは、ちゅ〜るとマタタビを使って表現して貰うかい?(笑)

----------
アルチンボルド展
国立西洋美術館
2017年6月20日〜2017年9月24日
午前9時30分~午後5時30分
毎週金・土曜日:午前9時30分~午後9時
ただし6月23日、24日は午前9時30分~午後8時
http://arcimboldo2017.jp/

nice!(97)  コメント(36)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

エジプト学貴重書展とニャンコ先生 [アート]

18 日は、ChatBleu さんと会う約束をしてました。
時間や場所は決めてないまま当日の朝。何時に何処にしようかな~と GoogleMap を眺めていて、目にとまったのが 「明治大学博物館」

ちらし

そういえば前に行ったことがあるなー。今はどんな展示をしてるのかな?とサイトを覗いてみると、明治大学図書館で所蔵している、エジプト学の貴重な書物を展示してるそうな。これは行きたいかも!

というわけで、ChatBleu さんに LINE で連絡。
14 時に御茶ノ水駅待ち合わせにしました。

時間までは、掃除洗濯 & あおのシャンプーをして過ごし、ChatBleu さんと合流して博物館に行きました。

1798年。ナポレオンがエジプトに侵攻した際の報告書 「エジプト誌」 や、ヒエログリフを解読したシャンポリオンの調査報告書 「エジプトとヌビアのモニュメント」 を観ることが出来ました。

他の美術館や博物館で開催されるエジプト展でも、たまーにこういうのを観ることがありますが、ここまでたくさんの報告書が展示されてるのは初めて。発見されたときのスフィンクスの様子が描かれていたページを見ることも出来て嬉しい。

貴重なものを観ることが出来ました。ChatBleu さん、付き合ってくれてありがとう。

明治大学を出ると、あれれー。雨が降ってるぅ。
天気予報は見てないわたし。家を出るときは晴れていたので駅まで自転車に乗って来ちゃったよ(笑)
そういえば ChatBleu さんは長傘を持ってる・・・予報は雨なのねw

じつは ChatBleu さん。この日はスタレビのイベントがあるんだって。そして決して雨女ではないのですが、スタレビ絡みのイベントの時に雨に降られることが多いとか^^;
晴れ女、勝てませんでした。ごめんww

近くの喫茶店でお茶をします。
今回 ChatBleu さんと会った訳は、夏目友人帳のニャンコ先生グッズを受け取るためだったのですー!

わーい

セブンイレブンでニャンコ先生グッズが当たるクジをしていたのですが、わたしが行ったときにはクジはすべて売り切れ。ChatBleu さんがお住まいの地域は、まだクジがあったのでお願いしていたの^^

うれしい

ニャンコ先生のぬいぐるみは当たらなかったけど、可愛いグッズいっぱい手に入れてくれました。ありがとう。

すとらっぷ

使うのが楽しみだな^^
あ、このクジにはダブルチャンスがあって、ニャンコ先生のぬいぐるみが当たる番号が発行されていたのですが、家に帰って専用サイトで挑戦したら、見事に全部ハズれました^^;

クリアファイル

それから、わたしがパクチー LOVE なのを知ってるので、パクチーのお菓子やラーメンも持ってきてくれました(笑)
パクチーいか天、これめっちゃ美味しかったからカルディに買いに行こうww
ChatBleu さん、美味しいの教えてくれてありがとう♪

ありがとう

16 時過ぎに ChatBleu さんとは駅でお別れ。スタレビのイベント楽しんできてね^^

わたしは家で仕事をしている相方君に頼まれていたコーヒー豆を買って帰りました。
最寄り駅につくと、空も少し明るくなって雨も小雨になっていたので、そのまま自転車で帰ったわ^^
ChatBleu さんは雨、大丈夫だったかな?

るるるー

********* おまけ *********

この日の夜は、うみちゃんがお風呂を陣取ったので一緒に入りました~

ふわー

あくびする顔が、いいんだよねー^^

あおくん、えらいね

*********
明治大学図書館所蔵 エジプト学貴重書展
明治大学博物館
2017年6月3日~6月27日
https://www.meiji.ac.jp/museum/news/2017/6t5h7p00000odpeg.html

nice!(99)  コメント(33)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

独立選抜書展と、尾形光琳の風神雷神図屏風を観たよ [アート]

東京都美術館で 6 月 21 日まで開催している 2017年 独立選抜書展に、ソネブロの ligia さんの作品が出展されるというご案内をいただきました。

ハガキ

さっそく観てきましたよー。
「わかれてきた 道がまっすぐ」 という、種田山頭火の句でした。
山頭火自身が、どんな気持ちでこの句を詠んだのかは私は知らないのですが、ligia さんの書いたこの文字は、まっすぐ太くて力強かったです。

「道」という字がより力強くて、これからは迷い無く進めるんだという印象を受けて、妙に安心感がありました。
そのうち ligia さんのブログに作品が紹介されるかな?と期待してます^^

※ 追記 : 作品アップされましたよー。
http://mojikaki.blog.so-net.ne.jp/2017-06-18

ligia さんの作品を観た後は、トーハク (東京国立博物館) へ移動。
尾形光琳の 「風神雷神図屏風」 が、7 月 2 日まで本館 2F の 7 室に展示されてるのです。

じゃじゃーん

写真撮影 OK ですよぉー。
特別展の時とは違って人も少ないので、じっくりじっくり堪能できます。興味があったらぜひぜひ^^

風神様〜

雷神様〜

満足して上野駅に戻って気づきました。
中央改札前に恐竜さんが居るww

おおお

福井県に来てね〜という紹介なのかな?
この恐竜さんの右奥に見えるケースには、恐竜のウンPの化石がありました。

うほー

触って OK だったので、「運が付きますようにー」 と、触ってきましたよw
福井県は、まだ行ったことがないのだー。恐竜博物館に行きたいなあ^^

おまけ

上の写真 ↑ は、ジュラシック・ワールドを観ているあおくんでした(笑)

nice!(80)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「水墨の風〜長谷川等伯と雪舟」を観てきました [アート]

出光美術館で開催中の 「水墨の風〜長谷川等伯と雪舟」 を観に行きました。

ちらし

中国から日本に伝播した水墨画は、室町時代に入ってから日本独自の表現美を獲得していったんだそうな。この展覧会では、中国の明で初めて本場の水墨表現を学んだ雪舟と、その後活躍した長谷川等伯の作品を中心に、その後の時代の水墨画や、中国絵もいくつか紹介していくものでした。

この日はとても暑かった東京。でも美術館の中は空調が効いているし、水や湿った空気を感じる作品があって「涼」を満喫することが出来たよー。

長谷川等伯の 「竹鶴図屏風」 は、6月25日までの限定展示。
これが観たかったのよね^^

こちらです

六曲一双の屏風画。霧がかかっていて冷たい湿気をたっぷりと感じる竹林。まるでトーハク所蔵の松林図屏風のようだな〜と思いながら観ました。作品の前に立っていると、その場に入り込んだような気分になれました。

同じく等伯の 「松に鴉・柳に白鷺図屏風」 は、右隻の幹が逞しくて気に入ったわ。

コレも好き

展覧会場は、雪舟〜長谷川等伯の作品が続き、そのあとは室町時代の水墨画、最後に近世の水墨画(狩野派・人文画)という流れになっていたよ。

室町時代の作品で、揚補之の作品と伝えられている 「梅図」 は気に入りました。枝がまっすぐに伸びた梅と、S 字に曲がった枝の梅を対比させて描いた作品。
まっすぐに伸びているのは、気条(きじょう)と言って 1 年で育つ花を付けない枝なんだって。勢いがある若さを象徴してるんだろうね。かたや S 字の枝は花がたくさん咲いていて、今が盛りって感じで美しかったです。

岩佐又兵衛の 「瀟湘八景図巻」 や、池大雅の 「瀟湘八景図」 も楽しかったです。
次回の展覧会は、「仏教美術入門〜 祈りのかたち」 だって。面白そうなので前売りをゲットしてきましたよ。

ちらし

展覧会後は、新東京ビルの中にある 「マヌエル タスカ ド ターリョ」 というお店で肉料理。ライスは無しにしてもらいました。

ボリューム満点

牛肉と鶏肉のセットだったんだけど、ボリューム満点w
美味しかったけど、わたしには食べきるのが大変だったわ(笑)

美術館で涼しい思いをしたのに、ここで汗をたっぷりかいてしまいましたww

あおくんも涼しいよね

------
水墨の風〜長谷川等伯と雪舟
出光美術館
2017年6月10日〜7月17日
午前10時~午後5時 ※ 毎週金曜日は午前10時~午後7時
http://idemitsu-museum.or.jp/exhibition/present/

nice!(73)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

サントリー美術館の「神の宝の玉手箱」を観てきました [アート]

三井記念美術館で西大寺展を観て、鰹のタタキ&松山鶏定食を食べて満腹。
眠くなったけど、頑張って六本木まで移動。展覧会のハシゴです。

サントリー美術館で開催中の、「神の宝の玉手箱」展を観に行きました。この日は休館日だったんだけど、メンバーズ内覧会だったのでした。

ちらし

もともと平安貴人の手回り品を入れるためのものだった手箱。
それが、その当時最高の装飾技法によって飾られて、神々のお使いになる具として奉納されるようにもなったんだって。

古代の櫛が魔除けなどの呪術的な道具だったことを思えば、それを入れる手箱にも、ある種呪力が宿るものと考えられていたそうです。浦島太郎の玉手箱の絵巻もありましたよ(笑)

今回は、国宝の「浮線綾螺鈿蒔絵手箱」が 50 年ぶりに修理されて、修理後初公開なんだとか。サントリー美術館の所蔵品なんだねえ。

国宝

浮線綾文というのは、公家階級が用いた有職文様の一つ。螺鈿の厚さは 0.5~0.6mm で、文様の直径もパーツ1つ1つは 3.8mm という細かさ。凄いよね。
6/21 ~ 6/26 までは、この手箱の蓋裏も展示されるみたい。それも楽しみです!

私が惹かれたのは、鎌倉時代に北条政子が鶴岡八幡宮に奉納したと伝えられている 「籬(まがき)菊螺鈿蒔絵手箱」 です。

じゃじゃん

明治 6 年開催のウィーン万博に出品されて、帰途の船 (フランス郵船ニール号) が座礁。海の底に沈んでしまった手箱なのですが、詳細に写した絵画資料と同意匠の硯箱が残っていたので、再現されたものが展覧会に来ておりました。

かわいい

ちなみにコチラ ↓ が、鶴岡八幡宮に残っている硯箱です。公式サイトより借用。

硯箱

小鳥の表情がとっても可愛くて惹かれました。
手箱は今も海の底で眠っているんだね・・・引き上げられたものもあるんだけど、多くは海底なのでしょうか?

雅な世界を堪能出来る展覧会でした。
あー、いいもの観たなあ^^

*******
神の宝の玉手箱
サントリー美術館
2017年5月31日~7月17日
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2017_3/
*******

7月になると、いろいろな展覧会が始まります!
前売りチケットは着々と手に入れておりますぞぃww

たっぷり

深海展でしょー、ベルギー奇想の系譜展でしょー、吉田博展でしょー、ボストン美術館展でしょー、アルチンボルト・・・ふふふ。楽しみだな。

言われた

図録を我慢しております(笑)

nice!(91)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「奈良 西大寺展」で吉祥天立像を観てきました [アート]

三井記念美術館で開催中の西大寺展に行ってきました。

ちらし

やっと浄瑠璃寺の秘仏、吉祥天立像が公開になったのです!!

吉祥天立像

この天女像は 6 月 6 日から 11 日までの数日しか展示されないのよ。
2015年に浄瑠璃寺まで観に行って、じっくり拝んできたけど東京に来てくれたんだから会いに行かねば!って思ってネ^^

浄瑠璃寺では薄暗い堂内で、たしか厨子に入っていた吉祥天女。
でも今回は厨子から出されて、ガラス越しとは言えわりと間近で観ることが出来ました。そしてライトも当てられているので、衣装の模様なんかもけっこう分かって感激 (^ω^*)

吉祥天は凜とした美しさをたっぷり披露してくれました。ありがたやーーー!

それから私がお気に入りの元興寺の如意輪観音坐像も来てました。
この如意輪観音は、かな〜り整ったお顔立ち。以前どこかの展覧会で観て惚れたのよね^^

如意輪観音さま 【元興寺サイトより】

あとは法華寺の文殊菩薩坐像も美しかったです。極楽寺の文殊菩薩坐像は左右非対称のお顔が個性的で、けっこう好みでした^^

美術館の入口のところで奈良の物産が売られていたのでお茶を買っちゃった。
ほうじ茶、いつも冷やしてぐびぐび飲んでいるのでタップリサイズが嬉しい(笑)

たのしみ

そして今回のランチは人間ドック前なのでラーメンは自粛w
四国料理のお店に入ってみたよ。

いただきます

高知の鰹のたたきと・・・

美味

愛媛の松山鶏グリル!かなりのボリュームでした(笑)

おいしかったよー

ラーメンとどっちのほうがカロリーが高かったかは謎だなw

****
奈良 西大寺展
三井記念美術館
2017年4月15日~6月11日
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html

【巡回】
大阪:あべのハルカス美術館 2017年7月29日~9月24日
山口:山口県立美術館 2017年10月20日~12月10日

うみちゃん

nice!(97)  コメント(39)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

道立近代美術館の「大原美術館展 Ⅱ」を観たよ [アート]

昨日のブログのコメント、お返事を書けていないので
今日はコメント欄閉じておきますね。朝起きたらお返事しまーす^^

*******
札幌帰省最終日。
この日の午前中は、父が入院している病院に行ってきました。
ダメだって言われてるのに夜中に勝手に風呂に入って動けなくなった父。病院に運ばれて入院となったのですが、私が東京に戻ったあと退院して家に居ます。
家に戻るとまた勝手なことやって、母に迷惑かけるんだろうなあ・・・orz...

病院のあとは札幌駅でお土産を買って・・・駅に隣接してる大丸で「すし善」のランチ寿司を食べました。美味しかった。満足です!!

満足よ!

そのあとは、ちょっと観たい展覧会があったので、北海道立近代美術館へ。
6月11日まで大原美術館展Ⅱを開催してるのだ。

ちらし

倉敷にある大原美術館は、大実業家・大原孫三郎が 1930年に創立。当時は西洋美術を紹介する日本初の本格的な美術館だったようですよ。
この展覧会では、1920年代を中心としたヨーロッパと日本の美術作品が展示されていました。

こんなかんじ

作品を観ていて、あれ?これ最近観たばかりの絵だよ・・・って思うものが多かったのですが、それもそのはず。去年(2016年)の 2 月に国立新美術館で観てたww

わははは

でもフジタの <<舞踏会の前>> がまた観られたので良かったな^^
この作品、北海道では初めての展示だったんだねー。

素敵よ

油絵に日本の画材を用いたフジタ。この白い肌は美しいよね~^^

*****
こんな感じで、今回の札幌帰省日記はおわりです。
相方君に買っていったお土産は、佐藤水産の手まりすじこ。食べやすくて好き!

ごはんがすすむ

あお&うみは元気でしたが、仕事が忙しかった相方君に構って貰えず退屈してたみたい。うみはすぐに甘えてくれましたが、あおは相当スネていて、翌日やっと甘えてくれました(笑)

つーん!

一度甘え始めたら、ベタベタが止まらなかったわw

あまえ顔

うみも目が覚めたら布団の隣に居てくれたの^^

おはよ

クールなうみちゃんに甘えられると嬉しいわ^^

ぐりぐり

-----------
「大原美術館展 Ⅱ」
北海道立近代美術館
2017年4月22日~6月11日
http://event.hokkaido-np.co.jp/ohara/#

nice!(86)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

フランス絵画の宝庫〜ランス美術館展に行きました [アート]

ゴールデンウィーク、お休みの皆さまは如何お過ごしですか?
私は昨日から連休に入って、昨日は掃除洗濯のあと、家の前の公園にあおうみをデビューさせました(笑)
その様子は明日にでも記事にします。

今日は4月29日に展覧会に行ったときの記事です。
連休だとミュシャ展、バベルの塔展、草間彌生展あたりは大混雑だと思われますが・・・新宿の損保ジャパン日本興亜美術館で開催中の 「フランス絵画の宝庫 ランス美術館展」 は穴場だと思いますよ^^

こんなビル

フランス、シャンパーニュ地方にあるランス美術館。この美術館は初期ルネサンスから現代までの作品を所蔵しているらしく、今回の展覧会では17世紀から20世紀までの70点が来ておりました。
人があまり居ない静かな空間で作品を楽しめましたよー。

ちらし

なんといっても今回は、藤田嗣治の作品がドーンと来ております^^
ランス市内にあるフジタの発案で建てられた「平和の聖母礼拝堂」。その礼拝堂内の写真パネルも展示されていて、フジタの描いた素描・フレスコ画・ステンドグラスなども見ることが出来ました^^

この色の黒いマリアさま。アフリカ系アメリカ人をモデルにしたそうな。
俳優のマルペッサ・ドーンという女性がモデルなんだって。

ちらし

こんなふうに知ってる猫の作品も来ていたけど、今回の展覧会はあまり見たことがないフジタの作品を楽しめました。

猫ねこ

自分が7歳の頃の自画像などもあって、それは初めて見たかもなあ〜。
フジタがサロメを描くと、とっても柔らかく優しい印象になるんだなーなんて思える作品もあったよ。
日本と西洋が融合した金箔の屏風絵を思わせる「十字架降下」という作品も良かったわ。

展覧会自体は、17世紀の作品から年代を追って展示されておりました。なのでフジタの作品はフロアの最後の方なんだけどね^^

ドラクロワの作品や・・・

ハムレットかっこいい

ゴーギャンも来てました。

バラと彫像

モーリス・ドニのこの作品は海水浴の場面なんだけど、その色調やポージングのせいか、神話の中のワンシーンに見えてしまいました。惹かれた作品のひとつ。

いいね

ほんとにのんびり楽しめた展覧会でした。
常設展示のゴッホの「ひまわり」、ゴーギャンの「アリスカンの並木路、アルル」、それからセザンヌの「りんごとナプキン」も観てきたよ^^
もちろん、ルオーや東郷青児の作品もね。

これでーす

次回の展覧会は、明治から昭和にかけて風景画の第一人者として活躍した吉田博の展覧会だそうな。面白そうなので観に行こうと思います^^

雰囲気がいいね

損保ジャパン日本興亜美術館をあとにして、ほんとは展覧会のハシゴをしようと思ってました。三井記念美術館で開催している「奈良 西大寺展」

ちらし

でも調べてみたら、浄瑠璃寺の秘仏である吉祥天立像の展示が 6月6日〜6月11日なのが分かったので、その期間に行くことにしました。
浄瑠璃寺で限定公開だったときに観に行ったのよね〜。ほんっと美しかったからまた会いたいのでした^^

---------
「フランス絵画の宝庫 ランス美術館展」
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
2017年4月22日〜6月25日
10:00〜18:00 ※金曜は19時まで
http://www.sjnk-museum.org/program/current

nice!(73)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

大エルミタージュ美術館展を観てきました [アート]

森アーツセンターギャラリーで開催中の 「大エルミタージュ美術館展~オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち」 を観に行きました。

ちらし

映画の 「エルミタージュ美術館展 美を守る宮殿」 を観たあとなので、エルミタージュ美術館に関する予習はバッチリ!
10 時ちょっと過ぎに美術館下に到着。前売りを持っていても、ここでは引換券と交換しなくちゃいけないからカウンターに並ばなくちゃダメです。それがちょいとこの美術館は面倒くさい。

エレベーターで 52 階へ。あら、思ったよりも人が居なくて空いてる。
中は撮影禁止だけど、期間限定で最初のフロアにあるエカテリーナ2世の肖像画は撮影 OK でした。

女帝

エルミタージュの約 310 万点の所蔵作品のなかから、今回は時を超えて評価されるオールドマスター(巨匠と呼ばれる人たち) の作品を国別に紹介している展覧会でした。
当然ながら素晴らしい作品がズラリでしたよー。

映画を先に観てしまった私が感じたのは、せっかく 250 年以上の歴史をもつ美術館の所蔵作品なので、その作品を収集した時代(年代)でカテゴリ分けをして、その頃の世界情勢なども絡めた展示にしたら、より深く美術館のことを知れたかもしれないな~なんて思っちゃいました(笑)

きれい

ちらしにもなっているクラーナハの聖母子も、ティツィアーノの女性の肖像も惹きつけられます。それから、キリスト絵画はよく分からないけど、それでもムリーリョの作品は、光の加減や聖母の顔が美しくて好きです。

スルバランの描いた聖母マリアの少女時代。この作品もいいなあ~。
あどけなさの中に、しっかりと母性も感じる気がしました。

いいでしょ

むかしむかし、東武美術館で開催したエルミタージュ展や、他の展覧会で来日した作品もいくつかありました。わたしが好きな作品はコチラ。

コレ好きなの

なんかコミカルで微笑ましくて、この作品は何度観ても可愛い!って思っちゃう。
盗まれた接吻っていうタイトルです。

ミュージアムショップには、さすがエルミタージュ美術館だけあって
猫のグッズもいろいろありました。それからロシアということでチェブラーシカグッズも♪

かわいいよーーー

チェブ可愛いよね~~~
ぬいぐるみ欲しかったんだけど、ぐっと堪えました。もう一回り小さいサイズだったら連れ歩きやすいので買ったかもしれません(笑)
あ、コロル2世が居るのに浮気しちゃダメよね (^m^

大きいサイズのチェブは、一緒に写真を撮れるスペースがあったのだ。
でも一人で行ったから自撮りする勇気はなくて、チェブだけパチリ(笑)

ちぇぶーー

又吉さんの 「又リョーシカ」 もあったよ。・・・微妙 ^^;

これはいらない

猫のマトリョーシカもあって、そっちは可愛かったなあ~~。

きっと売れるね

-------------
「大エルミタージュ美術館展~オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち」
森アーツセンターギャラリー
2017年3月18日~6月18日
休館日:5月15日
http://hermitage2017.jp/

【巡回】
名古屋 愛知県美術館 2017年7月1日~9月18日
神戸 兵庫県立美術館 2017年10月3日~2018年1月14日

nice!(102)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

トーハクで開催中の茶の湯展に行きました [アート]

東京国立博物館で開催中の茶の湯展を観に行きました。

ちらし

12世紀頃、中国で学んだ禅僧からもたらされた喫茶法。安土桃山時代の16世紀になると、自分好みの道具を取り合わせる「侘茶」が千利休により大成されて普及していったんだそうな。
この展覧会では主に、室町時代から近代までの「茶の湯」美術の変遷を観ていくものとなっていました。


続きを読む


nice!(80)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート