So-net無料ブログ作成
検索選択

大エルミタージュ美術館展を観てきました [アート]

森アーツセンターギャラリーで開催中の 「大エルミタージュ美術館展~オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち」 を観に行きました。

ちらし

映画の 「エルミタージュ美術館展 美を守る宮殿」 を観たあとなので、エルミタージュ美術館に関する予習はバッチリ!
10 時ちょっと過ぎに美術館下に到着。前売りを持っていても、ここでは引換券と交換しなくちゃいけないからカウンターに並ばなくちゃダメです。それがちょいとこの美術館は面倒くさい。

エレベーターで 52 階へ。あら、思ったよりも人が居なくて空いてる。
中は撮影禁止だけど、期間限定で最初のフロアにあるエカテリーナ2世の肖像画は撮影 OK でした。

女帝

エルミタージュの約 310 万点の所蔵作品のなかから、今回は時を超えて評価されるオールドマスター(巨匠と呼ばれる人たち) の作品を国別に紹介している展覧会でした。
当然ながら素晴らしい作品がズラリでしたよー。

映画を先に観てしまった私が感じたのは、せっかく 250 年以上の歴史をもつ美術館の所蔵作品なので、その作品を収集した時代(年代)でカテゴリ分けをして、その頃の世界情勢なども絡めた展示にしたら、より深く美術館のことを知れたかもしれないな~なんて思っちゃいました(笑)

きれい

ちらしにもなっているクラーナハの聖母子も、ティツィアーノの女性の肖像も惹きつけられます。それから、キリスト絵画はよく分からないけど、それでもムリーリョの作品は、光の加減や聖母の顔が美しくて好きです。

スルバランの描いた聖母マリアの少女時代。この作品もいいなあ~。
あどけなさの中に、しっかりと母性も感じる気がしました。

いいでしょ

むかしむかし、東武美術館で開催したエルミタージュ展や、他の展覧会で来日した作品もいくつかありました。わたしが好きな作品はコチラ。

コレ好きなの

なんかコミカルで微笑ましくて、この作品は何度観ても可愛い!って思っちゃう。
盗まれた接吻っていうタイトルです。

ミュージアムショップには、さすがエルミタージュ美術館だけあって
猫のグッズもいろいろありました。それからロシアということでチェブラーシカグッズも♪

かわいいよーーー

チェブ可愛いよね~~~
ぬいぐるみ欲しかったんだけど、ぐっと堪えました。もう一回り小さいサイズだったら連れ歩きやすいので買ったかもしれません(笑)
あ、コロル2世が居るのに浮気しちゃダメよね (^m^

大きいサイズのチェブは、一緒に写真を撮れるスペースがあったのだ。
でも一人で行ったから自撮りする勇気はなくて、チェブだけパチリ(笑)

ちぇぶーー

又吉さんの 「又リョーシカ」 もあったよ。・・・微妙 ^^;

これはいらない

猫のマトリョーシカもあって、そっちは可愛かったなあ~~。

きっと売れるね

-------------
「大エルミタージュ美術館展~オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち」
森アーツセンターギャラリー
2017年3月18日~6月18日
休館日:5月15日
http://hermitage2017.jp/

【巡回】
名古屋 愛知県美術館 2017年7月1日~9月18日
神戸 兵庫県立美術館 2017年10月3日~2018年1月14日

nice!(92)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

トーハクで開催中の茶の湯展に行きました [アート]

東京国立博物館で開催中の茶の湯展を観に行きました。

ちらし

12世紀頃、中国で学んだ禅僧からもたらされた喫茶法。安土桃山時代の16世紀になると、自分好みの道具を取り合わせる「侘茶」が千利休により大成されて普及していったんだそうな。
この展覧会では主に、室町時代から近代までの「茶の湯」美術の変遷を観ていくものとなっていました。


続きを読む


nice!(80)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ブリューゲル「バベルの塔」展に行きました [アート]

まだちょっとだけ桜の写真が残っていたので載せちゃおう。
朝のジョギングタイムに撮った写真です。

青空

この写真を撮った次の日。
風がめちゃめちゃ強くて、それで桜は散っちゃいました。

ばいばい

また来年だね^^
今、桜前線はどのあたりにいるのかな?

きれいでしょ


続きを読む


nice!(89)  コメント(31)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

草間彌生展「わが永遠の魂」を観たよ [アート]

国立新美術館で開催中の草間彌生展「わが永遠の魂」に行ってきました。

やよいちゃん

あまりにも有名な人ですが、じつは展覧会に行くのは初めて。
草間彌生は小さい頃から幻覚や幻聴に悩まされていて、それから逃れるために水玉模様をたくさん描いていたようだけど、この水玉模様が私は苦手なのでした。

ChatBleu さんも水玉が嫌いって言っていたような気がしたんだけど、小さい頃から細かい水玉に体中が埋め尽くされる夢を何度も見てうなされたことも多かったのだ。

こんな世界

そんなわけで苦手意識があったんだけど、テレビで彼女の幼年期のことを知って、私もそうだったなーなんて思ったので、思い切って行ってみたのでした。
今は昔ほど水玉が苦手じゃないし^^

この展覧会に行った人が、もうあちこちで載せてるけど、会場に入ってすぐ、撮影可能エリアでたくさんの作品がお出迎え。やっぱり圧倒されるねー。

オブジェも

彼女の作品、やっぱりパっと見は何が描かれているのか分からない(笑)
でもその色彩はめちゃめちゃ惹かれるものがあるし、タイトルを見てから作品を見ると、彼女がイメージするものが分かるものもありました。

こんなタイトル

空いていたよ

鮮やかな色。
こういうデザインのテーブルクロスとか可愛いかもな、なんて思いながら見てました。そしてこの細かい点々!これらの作品を完成させる集中力を思うと脱帽です。

綺麗な色

作品を見ていて、ふと小さい頃見えていた小人さんを思い出しました。
明るいなかで焦点を合わせず宙をぼんやり眺めてると、こんな ↓ 人間っぽい姿のようなそうでもないようなものが見えてたんです。

へんなかたち

大きさは小指のツメくらいかな?
こういうものが、空気中をぽーんぽーんとトランポリンをしてるように跳ねていたのです。わりと毎日見てました。大人になってから網膜が薄いことが分かったので、それも関係あったのかもしれないけどね。

色とりどり

展覧会には「無限の鏡の間」があって、そこは全面鏡貼りの空間。
暗闇の中に小さな光がきらめいていて幻想的でした。こういう空間楽しいなー^^

草間彌生の初期作品も観ることが出来て良い展覧会でした。
美術館の敷地内の桜も綺麗でしたよ。

ピンク~~

展覧会後は千鳥ヶ淵の桜が見たかったので半蔵門へ移動。
駅前にあった「麺 時田」という店で、特製海老泡つけ麺というのを食べました。

ひょー

スープがトマトベースのスープに見えるけど、濃厚海老味でした。
お腹いっぱい(笑)

---------------
草間彌生展「わが永遠の魂」
国立新美術館
2017年2月22日~5月22日
http://kusama2017.jp/

nice!(91)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

サントリー美術館の絵巻マニア列伝を観たよ [アート]

サントリー美術館で開催中の 「絵巻マニア列伝」展に行ってきました。
六本木開館10周年記念展なんだそうな。そっかー、もう10年になるのか~。

ちらし

この展覧会。
絵巻に魅了された歴代のマニアたちが集めたり携わった絵巻がドドンと展示されています。
歴代のマニア・・・それは平安時代にまで遡るよ。
後白河院に始まり、花園院、後崇光院・後花園院 父子、三条西実隆、足利将軍家、そして江戸時代の松平定信まで。

彼らがどれほど絵巻に魅了されていたのかを知る直筆の日記や資料などもふんだんに展示されていました。



続きを読む


nice!(106)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

トーハクで渡辺省亭の作品を観ましたよー [アート]

東京、京橋の加賀美術で観た渡辺省亭展
今年は渡辺省亭 (せいてい) の100回忌にあたるので、東京国立博物館でも 4 月16日まで、省亭の作品を観ることが出来ます。

本館の18室へ GO!!
雪中群鶏です。車輪についた雪の質感も凄かったなあ。

どーん


続きを読む


nice!(60)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

蘇る!孤高の神絵師 渡辺省亭展に行きました [アート]

京橋にある加島美術で開催している「 蘇る!孤高の神絵師 渡辺省亭展 」に行ってきました。

ちらし

渡辺省亭(せいてい) は、明治から大正にかけての日本画家です。フェノロサや岡倉天心からも認められていたにも関わらず、画壇に属さず弟子も取らなかったので、あまり存在は知られてません。

わたしも母が来たときに行った迎賓館赤坂離宮の 「花鳥の間」 で、濤川惣助が手掛けた七宝焼の工芸図案を描いたということで、その名を知ったばかり。

そんな渡辺省亭は、海外での評価は高くて海外に作品が多くあるんだそうな。彼はパリ万博にも行ってそこで絵を描くデモンストレーションをしたり、印象派の画家達と交流もしたみたい。
2017年4月2日は省亭の100回忌にあたるので、東京の主要美術館や博物館でも省亭の作品をいくつか観ることが出来ます。

初めて行った

加島美術は初めて訪れます。今回こちらでは無料で 30 点ほどの省亭の作品を観ることが出来るのだ。

うつくしいのです すっとしてる

ほとんどの作品、写真撮影が可能でした。嬉しい^^
鳥が描かれている作品が多かったんだけど、その目がとても優しいなと感じました。この鷹図でも、写真では分からないと思うけど、振り返った鷹の目がとても優しかったです。

紅葉

そして鳥の動きはとてもリアル。臨場感を感じました。

すごいのよ

4月16日までは、東京国立博物館で渡辺省亭の作品を観ることが出来るので、週末にでも行ってみようと思います♪

行ってきます

松岡美術館、山種美術館、根津美術館、そして迎賓館赤坂離宮でもこの時期観ることが出来るので興味があったらチェックしてみてください^^
http://www.watanabeseitei.org/

作品を観たあとは、近くのビル内で沖縄そばを。
沖縄そばって殆ど食べたことがないので、これが本場の味なのかは謎(笑)

おいしかったよ

それから浅草へ移動。
靴を修理に出していたので取りに行ったついでに隅田公園の桜もチェック。

まだでしたー

3月28日時点では、まだソメイヨシノは咲いてませんでしたw
何輪かはあったけどね^^

こんな感じ

週末にはキレイに咲くと良いね^^

スカイツリーと

--------
蘇る!孤高の神絵師 渡辺省亭展
加島美術
中央区京橋3-3-2
2017年3月18日~4月9日
10時~18時
http://www.watanabeseitei.org/

nice!(96)  コメント(34)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

大英自然史博物館展に行ってきました [アート]

現在、国立科学博物館で開催中の 「大英自然史博物館展」 に行ってきました。
1881年に開館した、世界でもっとも優れた博物学標本のコレクションを所蔵してる博物館です。

ちらし

この展覧会では、8000 万点の収蔵標本の中から約 370 点を展示してるんだって。その中には、日本初公開の始祖鳥の化石があるのだー!
フラッシュなしなら撮影 OK!! 興味を持ったものをいくつか撮ってきたので UP します。


続きを読む


nice!(94)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

国立新美術館の開催のミュシャ展に行ったよ [アート]

国立新美術館にやってきました。
敷地内に入ると、おおお!一面の水玉(笑)

これはまさしく

現在、草間彌生展が開催されてるからね。カボチャもありましたよ。
そして、彼女の展覧会はショップの会計待ちが長蛇の列でした。

どーん

草間彌生展は、また今度来ることにして・・・私の今回の目的はコチラ。
2F で開催されているミュシャ展です。

こっちですー


続きを読む


nice!(106)  コメント(39)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ミュージアムシアター 「江戸城の天守」 [アート]

東京国立博物館のミュージアムシアターで上映してる 「江戸城の天守」 を観てきました。

ちらし

初代家康、二代目秀忠、そして三代目家光。本丸の天守はそれぞれの代に築かれていたんだね。明暦の大火によって消失して、その後は再建されませんでした。
江戸城最後の天守は、莫大な費用と最高の技術が注がれていて、史上最大の天守だったと言われてるんだけど、どんな姿をしてどのように作られた建造物だったのか?
このプログラムでは、図面や絵図を手がかりにして江戸城天守の再現過程を楽しむものになってました。

チケット

現在皇居にある天守台は、三代目家光の頃のものではなくて、その後に造られたもの。家光の頃の石垣は別のところに移されて使われたってナビゲーターが言っていたんだけど、メモを取れないので忘れちゃった〜。
メモは取らせてほしかったなあ^^;

バーチャルの世界で再現された江戸城の天守。
瓦、壁、鯱。それぞれ装飾が凝っていて凄かったです。シアターのあとは、当時使われたであろう瓦と同じものを実際に触ることが出来ました。

シアター会場を出て、本館でいくつか作品を観てから帰ろう〜っと。
尾形乾山の掛け軸発見!桜に春草図。
乾山の作品はお皿に描かれたものが多いから、こういうのは新鮮に感じるね。

きれい

帰りは上野駅にある一蘭で久しぶりに食べたとんこつラーメン^^
ご馳走様でした。

ご馳走様

---------
江戸城の天守
東京国立博物館 ミュージアムシアター
2017年1月4日〜3月31日
http://www.toppan-vr.jp/mt/work/archive/index.shtml

nice!(88)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート