So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「金剛宗家の能面と能装束」を観てきました [アート]

三井記念美術館で開催中の「金剛宗家の能面と能装束」展を観てきました。

ちらし

京都の金剛流宗家が所蔵する能面と能装束の展覧会。
能は憧れはあるんだけど、全然知らない世界。
なのでズラリと並んだ能面を観ても、それがどんな演目で使われているのかは全く分かりません(笑)

でも、解説を読みながら雰囲気を楽しんだよ。

三井家は、旧金剛宗家伝来の能面を譲り受けているんだね。
今回、秀吉が愛蔵していた龍右衛門作の小面三面「雪・月・花」のうちの二面が展示されていました。

雪 雪

花 花

月は江戸城内で火災で焼失してしまったと、三井記念美術館のサイトには書いてありました。他の記事では大阪城内で焼失って書いてあるものもあって、どっちなんだろう??
秀吉の晩年、月の小面は家康に贈られたらしいです。

雪の小面は金剛家所蔵、そして花の小面は三井記念美術館所蔵。今回の展覧会で再会を果たしたそうな^^

「蝉丸」という能面は惹かれたわ。
伏した目にすごく引き込まれました。もの悲しいような、そんな感情すらないような、現実味の無い感じ。蝉丸は確か盲目だったんだよなーって思って、家に帰ってきてから Wiki で、あらすじを読んだよ(笑)

切ない

この展覧会、能が好きな人には堪らない展覧会だと思います!
ずらりと並んだ能面を観ていたら、わたしはだんだん頭が痺れてきてチョット精気を奪われたような、そんな感覚になりました(笑)
でも精美な世界を満喫したよ。

**********
「金剛宗家の能面と能装束」展
三井記念美術館
2018年6月30日〜9月2日
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html
**********

この日は夕方に展覧会に行ったので、ランチのラーメンは無しでしたww

nice!(91)  コメント(28) 
共通テーマ:アート