So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2 回目の縄文展に行ったことを書いたら・・・ #縄文にハマる人々 から!(笑) [アート]

東京国立博物館で開催されている「縄文―1万年の美の鼓動」
現在は、縄文時代の国宝 6 点がすべて観られます。というわけで、行ってきました。

ちらし

OPEN は 9 時 30 分。
開館前は行列が出来ているし、30 分になってから係の人に連れられて、ダラダラ平成館まで行かなくてはいけないので、10 時過ぎに到着するように行きました。これならスムーズに入れるから^^

しかもわたしは 2 度目の展覧会なので、今回はまっすぐ第 2 会場の国宝室へ GO!!
前回も展示されていた火焔型土器を観てから、土偶を楽しみました。

国宝

でね。Twitter に縄文展に行ったことを呟きました。
そして、映画「縄文にハマる人々」のタグもつけて呟いたのよ^^

これ

相互フォローしてるので、映画の宣伝も兼ねて・・・と、軽い気持ちで呟いたんだけど、そしたらなんと!

わーい

えええ!ほんと?
Tシャツくれるの??

この映画にあわせて、監督さんはオリジナル T シャツを作っていたのです。
映画館前にある顔ハメパネルで写真を撮って、SNS に UP した人には T シャツをプレゼントしますって、映画公開日のトークショーで言っていたのですが、わたしは恥ずかしくて写真を撮らなかったんだ~。

その限定オリジナル T シャツをもらえるだなんて!
絶対 3 回目のトーハクに行きますって連絡をして、T シャツを送ってもらいました^^

じゃじゃーん

札幌&名古屋帰省で、この T シャツを着て映画の宣伝もしちゃおうと思いますw
空港や新幹線内、札幌&名古屋で、土偶 T シャツを着てる人がいたら、わたしです ^m^ プププ

うふふ

あ、ちなみにこの T シャツ。現在は販売もしてます♪
https://teestock.jp/jomo-t/item.php?id=192

かわいい

火焔式土器のメモも可愛いなあ^^
とりあえず!本日、この T シャツを着て札幌に帰ります〜!

(AM3時半起きなのに、21時半現在、まだワインを飲んでいる・・・(笑))

nice!(93)  コメント(49) 
共通テーマ:アート

藤田嗣治展に行ってきました [アート]

上野、東京都美術館で開催されている「藤田嗣治展」に行ってきました。

ちらし

明治のなかばに生まれ、戦争をたくさん見て、そしてフランス国籍を取ってヨーロッパの地で生涯を終えた藤田嗣治。(レオナール・フジタ)
フジタの展覧会は何度も観てるけど、開催されると行ってしまう。この展覧会は没後 50 年記念ということで、見応えじゅうぶんの大回顧展でした!

すごい

フジタの生涯を辿っていく構成かな。
フランス国籍をとった晩年の作品はよく観るけど、初期の頃の作品や、1930年代に北米や中南米を旅した時の作品は、あまり観たことがなかったので新鮮でした。

日本初出品の作品もありましたよ。
「エミリー・クレイン=シャドボーンの肖像」
クッションの質感、模様、ものすごく細かく描かれていて引き込まれました。背景は銀箔なんだって。

素敵

フジタは戦争中、日本の陸海軍の依頼で戦争を題材に公式の戦争絵を描いていたのは有名なオハナシ。今回の展覧会では、その作品が間近で観られました。屍の表情を観ていると胸が痛くなるよ。

東京国立近代美術館所蔵の「アッツ島玉砕」
近代美術館では照明が暗くてよく見えてなかったんだけど、今回はじっくり観ることが出来ました。

これです

戦後、フジタは日本を離れる準備をするんだけど(いろいろあったから)、そのときに描いた「私の夢」

しらないよー

戦争責任問題で騒いでいる周りのことなど知ったことかと、新天地での生活を夢見るフジタ自身かもと、説明されていました。

晩年の聖母を描いた作品も、それから乳白色の裸婦の作品も、工芸も堪能できる展覧会です。面白かった!

個人的に気に入った作品。「美しいスペイン女」

いいでしょ

今回は夕方から閉館時間まで居ました。この時間帯も空いていたけど、会期が始まったばかりだからかも。テレビで特集が組まれたら混雑すると思うので、興味がある方はお早めにどうぞ^^

ラッシュの時間帯になる前に、上野駅構内でサクっとラーメンを食べて帰宅しました。

ラーメン

*********
没後50年 藤田嗣治展
東京都美術館 上野
2018年7月31日~2018年10月8日
http://foujita2018.jp/

【巡回】
京都 2018年10月19日~12月16日
京都国立近代美術館

nice!(89)  コメント(37) 
共通テーマ:アート

東京大学総合研究博物館に遊びに行ってきた [アート]

映画「ジュラシック・ワールド」を観たあと訪れたのは、東京大学総合研究博物館。

てくてく

映画観たら、なんか古いモノが観たくなっちゃったのよね(笑)
近いうちに訪れようと思っていたので、良いタイミング。

じゃじゃーん

何年も改装工事をしていて 2016 年の春にリニューアルオープンしていたんだけど、綺麗になってから訪れるのは初めて。雰囲気が変わっていてビックリよ。入口にどどーんと、いろんな展示物があります。太陽系が出来てから人類誕生までのものをピックアップ!

おもしろい

鉱物やアンモナイトなどの化石、ニホンウナギの幼生のホルマリン漬けなどを観ていき、目にとまったカワイコちゃん!

おおお

ななななんて可愛い姿なの!愛らしい表情なの!
ユーラシアカワウソの全身骨格でした。

こちらは、メガネカイマンというワニの頭骨。
2011年の東日本大震災。計画停電が実施されたときに各地の動物園の冷凍施設が運転停止になったんだって。

そうなのかー

保存中の動物死体が埋葬処分されたんだけど、このワニは埋葬後に東大のこの博物館で発掘して標本化したものなんだそうな。立派な歯が残っていて嬉しいよ。(歯フェチですw)

特別企画「人類先史、曙ーー東京大学所蔵明治期の人類学標本」として、大森貝塚を発掘したモース(初代動物学教授)の人類先史コレクションも展示されてました。

たのしい

弥生土器だけど、縄文模様が付けられているの。
栃木県出土です。西日本の弥生土器は縄文模様を持たないのが普通なんだけど、関東地方のはこんなふうに縄文を持つものが目立つんだって。

ちょっと凝ってる

こちらは、土偶を思わせる弥生時代の中期に作られた顔壺。同じく栃木県出土。

たのしい

西から拡散した農耕文化を受け入れるにあたっても、地元の縄文文化の伝統を強く受け継いでいたんだって。なんか嬉しいw(ほら、わたし縄文人だからさww)

10月14日までは、「珠玉の昆虫標本 ーー江戸から平成の昆虫研究を支えた東京大学秘蔵コレクション」を開催しているよ。壁一面にずらりと飾られている昆虫標本!

すごいね

炭素年代を測定する装置もありましたよ。
こういうのが出てくるようになって、歴史が塗り替えられていくんだよねー。

おもしろいよ

ドローンが出てきたおかげで、新たなナスカの地上絵も発見されたよね、たしか^^
昨日の記事ではホモ・サピエンスを否定したわたしだけど、やっぱり人類の知的好奇心は楽しいと思ってしまうよ(笑)

**********
総合研究博物館 本郷本館(東京大学本郷キャンパス内)
休館:土曜日・日曜日・祝日・年末年始・その他館が定める日
開館時間:10:00~17:00(※ 入館は 16:30) 無料
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/index.html

nice!(85)  コメント(28) 
共通テーマ:アート

サントリー美術館で開催の「琉球〜美の宝庫」に行ったよ [アート]

7月24日は、サントリー美術館で開催中の「琉球〜美の宝庫」展のメンバーズ内覧会でした。琉球美術って殆ど知らないので、学芸員のレクチャーを受けようと思って参加しました。

てくてく

さすがに連日暑いので、いつもよりも整理券を貰う人が少ないように感じました。出歩くのも危険だものね^^;

サントリー美術館では1968年に初めて琉球の展覧会を扱ったんだって。それからも何度か展覧会はしていて、50年目にして大規模な展覧会を企画したんだそうな。

ちらし

琉球美術は、第二次大戦の沖縄戦で大打撃を受けて、多くが消失しているので研究もあまり進んでいないのが現状みたいです。とくに、絵巻物は現存しているものが少ないんだね。なので琉球の絵師を取り上げる展覧会は沖縄で開催されたくらいで、今回は貴重な展覧会となります。

すごい

こんな画を描く絵師が沖縄にいたんだね。
彼らは場所が場所だけに、中国福州で現地の絵師に学ぶことも出来たみたい。
今回の展覧会で展示されているものは、1609年に島津藩の侵入があってから、1879年に沖縄県が設置されるころの作品が多かったです。

話を聞いていて、琉球王国の歴史も関連本が読みたいなーって思いました。

展覧会の見所は、絵画はもちろんのこと、琉球王国のお宝です。
琉球王国は、尚(しょう)家によって治められてきたんだけど、1609年に日本の幕藩制に組み込まれたのだ。でも中国との進貢貿易を続けて王国体制を維持してたんだそうな。明治政府以降は、王位は廃されちゃって、尚家は東京居住を命じられて、首里城にあったお宝が東京にいくつか来たんだって。

それが功を奏して、沖縄戦で首里城はめちゃめちゃになって宝物も消えてしまったけど、東京に残ったものがあったのだ!このこと、わたしは知らなかったです。これらの品は2006年に一括国宝に指定されたとか。

王冠

国宝の王冠。これは 8月22日からの展示になります。
現在は、レプリカが展示されてるのですが、レプリカは、本物の欠損部分も補って復元されているので、綺麗な状態の王冠を楽しむことが出来るよ。

目を奪われたのは素晴らしい螺鈿の大皿!

わお

琉球王国には「貝摺奉行所(かいずり ぶぎょうしょ)」があって、螺鈿の加工に所属していた絵師が担当したとのこと。うっとりしますよ。

あと面白かったのが、江戸の町に琉球使節団が来たときの瓦版。
楽童子という元服前の15〜18歳の男の子が町を練り歩いたときは、「全て美男子ナリ」って瓦版で紹介されて、さながらアイドルのようだったそうな(笑)

今回は、このレクチャーのあと、弥生美術館の球体関節人形を観に行くつもりだったので、図録は買ってこなかったのですが、8月22日以降に、本物の王冠を観に再訪予定だから、そのとき図録を買ってきます。

そしたら写真付きで、またいろいろ作品を紹介しますね^^

============
琉球 美の宝庫
サントリー美術館
2018年7月18日〜9月2日
https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2018_3/index.html
============

この展覧会を観たあと、昨日の記事「文豪・泉鏡花×球体関節人形」を観に行きました。弥生美術館に行く途中のお店で遅めのランチ。

カレー

妖しい人形をたくさん観て、東大構内を通って帰ってきたら暑くて暑くて、家で昼寝でした。

あおくん

nice!(87)  コメント(27) 
共通テーマ:アート

泉鏡花作品の女人たちを愛でる [アート]

連日の酷暑で引きこもりでしたが・・・頑張って出掛けてきました。
サントリー美術館で開催している「琉球〜美の宝庫展」です。

でも、今日の記事はその展覧会のあとに行った、弥生美術館で開催している展覧会のオハナシ。

六本木から日比谷乗り換え、根津で地下鉄をおりて、てくてく弥生美術館へ向かいます。太陽の日差しは容赦なくてくじけそう。現在は縄文時代にスポットが当てられているけど、この界隈は弥生式土器が発掘された場所。ゆかりの石碑もパチリ。

あつい

到着しました、弥生美術館。
何年ぶりだろう〜。20 年くらい経っているかもしれん(笑)

到着ー

展覧会のタイトルは、「文豪・泉鏡花 × 球体関節人形〜迷宮、神隠し、魔界の女展」

泉鏡花の世界は惹かれます。
人なのか人ならざるものなのか、そして妖しい女人がたくさん登場する物語。

図録

21歳とか22歳とか、そんな若かりし頃に嵌まって読みました。
(なので話の内容はあまり覚えていないww)

この展覧会は、泉鏡花の作品に登場する女人たちの存在が、人形と通じ合うものがあるという考えのもと、鏡花文学のヒロインたちの人形を作った、球体関節人形作家の作品が展示されてます。

それ以外にも、泉鏡花本の装幀や挿絵を手がけた鏑木清方や小村雪岱 (せったい) の作品も展示されていました。

「天守物語」に登場する魔界の姫様。
泉鏡花の首を持って登場です。

天守物語

こちらは「高野聖」の美女。
見る角度によって表情がガラリと変わって、引き込まれました。綺麗だよねー^^

高野聖

「琵琶伝」のお通。
夫の喉を食い破って殺した女性。愛する人(夫ではない)を殺されて正気を失くした表情が、すごく表現されてました。

鬼気迫る

他にも妖しく惹かれる人形がいろいろ佇んでいましたよ。若い女性が多かったけど、若い男性グループもわりと来てました。外国人の若い女性は「Oh! I love it!!!」って興奮していて可愛かった^^

興味がある人は、ぜひぜひ足を運んで泉鏡花の世界に迷い込んで下さいマセ^^
わたしはまた、泉鏡花の本を読み返そうと思ったわ。

帰り道。根津駅よりも本郷三丁目駅のほうが家に帰りやすいので、東大構内を通って本郷三丁目方面へ。赤門をくぐり抜けて駅に向かいました。

ううう

まじ、汗だらだらです。
そういえば、東大構内の博物館もしばらく来てないから、近いうちに覗こうと思いました。

*********
「文豪・泉鏡花 × 球体関節人形〜迷宮、神隠し、魔界の女展」
弥生美術館・竹久夢二美術館
2018年7月1日〜9月24日
※ 竹久夢二美術館では「明治150年記念 / 明治の夢二」展を開催してます。鏡花と夢二、どちらの展示も見られます。
http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/index.html

nice!(79)  コメント(32) 
共通テーマ:アート

「金剛宗家の能面と能装束」を観てきました [アート]

三井記念美術館で開催中の「金剛宗家の能面と能装束」展を観てきました。

ちらし

京都の金剛流宗家が所蔵する能面と能装束の展覧会。
能は憧れはあるんだけど、全然知らない世界。
なのでズラリと並んだ能面を観ても、それがどんな演目で使われているのかは全く分かりません(笑)

でも、解説を読みながら雰囲気を楽しんだよ。

三井家は、旧金剛宗家伝来の能面を譲り受けているんだね。
今回、秀吉が愛蔵していた龍右衛門作の小面三面「雪・月・花」のうちの二面が展示されていました。

雪 雪

花 花

月は江戸城内で火災で焼失してしまったと、三井記念美術館のサイトには書いてありました。他の記事では大阪城内で焼失って書いてあるものもあって、どっちなんだろう??
秀吉の晩年、月の小面は家康に贈られたらしいです。

雪の小面は金剛家所蔵、そして花の小面は三井記念美術館所蔵。今回の展覧会で再会を果たしたそうな^^

「蝉丸」という能面は惹かれたわ。
伏した目にすごく引き込まれました。もの悲しいような、そんな感情すらないような、現実味の無い感じ。蝉丸は確か盲目だったんだよなーって思って、家に帰ってきてから Wiki で、あらすじを読んだよ(笑)

切ない

この展覧会、能が好きな人には堪らない展覧会だと思います!
ずらりと並んだ能面を観ていたら、わたしはだんだん頭が痺れてきてチョット精気を奪われたような、そんな感覚になりました(笑)
でも精美な世界を満喫したよ。

**********
「金剛宗家の能面と能装束」展
三井記念美術館
2018年6月30日〜9月2日
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html
**********

この日は夕方に展覧会に行ったので、ランチのラーメンは無しでしたww

nice!(91)  コメント(28) 
共通テーマ:アート

「縄文―1万年の美の鼓動」面白かったー! [アート]

トーハクで 7 月 3 日から始まった特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

ちらし

翌日の 4 日に観に行ってきました。
約1万3000年前に始まったとされる縄文時代。まだ日本人が農耕民族になる前。日々の暮らしの中で工夫を重ねて作り出したモノを紹介した展覧会です。火焰型土器なんてエネルギッシュで、自由な発想で作ったとしか思えないわ^^

国宝

見所は、なんといっても縄文時代の出土品で国宝に指定されている 6 品すべてが集結するってことかな。5 つの土偶 + 1 つの火焰型土器です。全部揃うのは 7 月 31 日以降なので注意してね。わたしは前売りを 2 枚買ったから、7 月 31 日以降もまた行くぞww

でもね、5 つ揃う前ならゆっくり国宝を楽しめる気がします。まだまだ空いてるよー!
そしてこれらは第二会場に展示されているので、5つ全部を絶対見たい!って人は 31 日以降、開館と同時に行って、第二会場に直行をオススメします^^

さて。国宝の感想は再訪したときに記事にするとして、今回はそれ以外の出土品で個人的に面白かったものを載せちゃおうっと。


興奮のあまり長文ww (続きを読む)


nice!(89)  コメント(35) 
共通テーマ:アート

「鏡花水月 吉水快聞展」に行ってきました [アート]

6月13日から日本橋高島屋で、吉水快聞さんの個展が始まったので観に行ってきました。「鏡花水月 吉水快聞展」です。

ちらし

もともとは2014年3月に東京都美術館で開催された「覚の会~現代作家によるそれぞれの古典~」で作品を観て惚れたのが始まり^^
狐の彫刻が、めちゃめちゃ高貴で魅了されたのー。鹿も凜としていて美しくていっきに世界に引き込まれました。その後は高島屋や画廊で個展があると観に行っていたのです。

図録

快聞(かいもん)さんは彫刻家でもあるけれど、仏師でもあり、仏像の修復にも携わってます。それからお寺のご住職でもあります。仏教系の大学で教鞭もとっていて、テレビにも出演する多忙なお方!しかもお若い!(笑)

作品は、月、水、狐、鹿、鳳凰、ヤモリなど、私が好きなモチーフがたくさんで、見ていると命の優しさや地球の慈悲みたいなものを感じてくるのだ。さすが仏のなせる技なのかしら。

だいすき

今回の個展で楽しみにしていたのは、チラシにも出ている白猫ちゃん。ご自身の創作作品では、初の玉眼なんだとか。インスタでこの猫ちゃんのアップを載せていて、瞳の美しさに惹かれたわ。実物はもっとリアルなんだろうなって思って楽しみにしてました^^

当日ご本人も在廊されていたので、ちょっとオハナシをしてきました。
この玉眼は友人に作って貰ったとのことで、たくさんある玉眼のなかでも使えたのはこの2個だけだったとか。それだけ一つ一つ違いがあって、イメージに合うものを探すのは難しいのかもしれないね。この猫ちゃんの目も、左右同じ色ではないんですよっておっしゃってました。

他にも可愛かったのがカタツムリ
人差し指に乗る程度の大きさしかないのに、どうやって彫るの?ってくらい目が繊細で、これはポキっと折れてしまいそうだよ!っていうくらい細いっ

ネズミさんが持っているヒマワリの種も、すごい近くでまじまじ見ても本物にしかみえないし(笑)
平成の超絶技巧師といっても過言ではないって思っちゃうw

鳳凰の卵(誕生)という作品は、卵から鳳凰が顔を出した作品。ハンモックやスリングから顔だけ出してるあおくんが浮かんで微笑んじゃいました^^

それぞれの作品にリンクを貼ってみたので、良かったら覗いてね。
インスタのアカウントを持っていなくても見られる・・・といいな^^;
PC からなら間違いなく見られます!

日本橋高島屋での開催後は、大阪、横浜、京都の高島屋を巡回するので興味があったら覗いてみてください^^

**********
「鏡花水月 吉水快聞展」
高島屋巡回
2018年 6月13日(水)〜 6月19日(火)東京日本橋店 6階美術画廊
2018年 7月 4日(水)〜 7月10日(火)大阪難波店 6階美術画廊
2018年 9月26日(水)〜10月 2日(火)横浜店 7階美術画
2018年10月10日(水)〜10月16日(火)京都店 6階美術画廊
**********

ランチはパクチー担担麺。

どーん!

ああ・・・なんだか急に俗っぽい写真になってしまった(笑)

nice!(85)  コメント(25) 
共通テーマ:アート

ちょっと残念だった田中一村展 [アート]

汗を垂らしながら到着した岡田美術館。
2013 年の秋に出来た新しい美術館です。ユニバーサルエンターテインメント創業者の岡田和生が収集したコレクションが展示されているのだ。

ついたー


続きを読む


nice!(96)  コメント(37) 
共通テーマ:アート

ミラクル エッシャー展に行きました。面白かった! [アート]

上野の森美術館で開催中の「ミラクル エッシャー展」に行ってきました。

図録だよ

20世紀を代表するオランダの版画家です。名前は知らなくても摩訶不思議なだまし絵みたいな作品は、きっと一度は観ているのでは?

こんなやつ

生誕120年を記念した展覧会。イスラエル博物館から選りすぐりの約150点が来日しております。死海文書を所蔵している博物館だよ(笑)
展覧会では、「科学」「聖書」「風景」「人物」「広告」「技法」「反射」「錯視」の8つの観点からエッシャーの作品を観ていく流れになっています。

エッシャーの作品はいろんな展覧会で観ているけど、たいていは晩年のだまし絵ばかり。なので、初期の頃の作品が観られたのは、とても新鮮でした。
若い頃に描いたキリスト教主題の版画。「天地創造」シリーズはデザインとしても素敵だなーなんて思いながら観ました。

これ 天地創造二日目

私が持っているタロットカードもこんな感じの版画っぽいデザインだった気がする(笑)

構造が好き天地創造六日目

この頃の風景は、だまし絵ではないけど、どことなくこれからのエッシャーを思わせるような作品も多かったです。

きれいでしょサンコジモ、ラヴェッロ

チョークで描かれた <マルセイユ> のための習作は、エッシャーが生きた人間なんだってことを実感できてビックリ。なんか、エッシャーって不思議な作品が多いから、どことなく無機質な機械人間のイメージが私の中にはあったのです。

これ

この習作を描くために、今まさに動いている腕や手までを感じることができました。
あー・・・エッシャーも人間だったんだ〜って、本気で思っちゃった(笑)

筆遣い

水没した聖堂も、気に入った作品。

神秘的

ゆらゆらと揺らめく水面。じーっと観ていると、本当に揺れているように見えてきちゃうから不思議。どんな歴史がこの聖堂の中で眠りについているんだろうなんて想像してしまうわ。

いいでしょう

「反射」もエッシャーがこだわったモチーフのひとつ。
轍に溜まった雨水かな?木々と雨上がりの空が映し出されていて、綺麗だな〜って思いました。

こういうの好き

そしていよいよ、エッシャーらしい作品が続きます。
もうね、観てると目がおかしくなりそう(笑)

どうだ!発展Ⅱ

こういう発想はすごいよねー。作品なのにどことなく数学っぽくて、だけど美しい。世の中はずっと何かと繋がっているんだって思わせるよ。

どうですか昼と夜

大作「メタモルフォーゼⅡ」
文字から始まり、その形が変容しながら循環ていって、そして最初の文字へと戻る・・・この作品が観られます^^

じゃじゃん

ここまで奥深い展覧会だとは思わないで行ったんだけど、かなり面白かったです^^
おすすめですよ〜〜!
エッシャーの不思議な世界を楽しんでください^^

エッシャーの絵の中に自分が入り込んだように見える動画が撮れるサービスもありました。わたしも体験してきましたよ。その動画は非公開とさせていただきます^m^
スマホに入ってるから、会う機会がある方には見せるねww

展覧会後のラーメンは、久しぶりに味噌ラーメン!
味噌ラーメンはかなり久しぶり。花田ってお店のラーメンですよ。

山椒〜〜〜

平日ランチタイムは野菜大盛り無料。こんなにてんこ盛り。
濃厚な味噌で美味しいんだけど・・・山椒にどっぷり浸かっている私は、山椒が恋しくなりました。あああ、もう体が痺れの担担麺を求めるようになっているのね(笑)

**********
ミラクル エッシャー展
上野の森美術館
2018年6月6日〜7月29日

【巡回】
大阪 あべのハルカス美術館 2018年11月16日〜2019年1月14日
福岡 詳細未定 公式サイトをまめにチェックしてねw
愛媛 詳細未定 公式サイトをまめにチェックしてねw
http://www.escher.jp/

nice!(101)  コメント(43) 
共通テーマ:アート