So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

クロス型の爪研ぎ再び [うちの猫あお・うみ]

あおくんの後ろに写っている爪研ぎ。
うみが気に入っていた爪研ぎです。でも当時デブだったうみが乗って壊れたのでした。

b2649.jpg

この商品自体も販売されなくなっていたんだけど、このあいだ Peppy のサイトを見たら売りに出されてる♪♪
うみもあの頃よりは痩せたし、お気に入りの爪研ぎをいろいろ増やしてあげようと思っていたので買ってあげました。

IMG_6803.jpg

「わーい!うみが好きな爪研ぎだ~」
うみちゃん、届いたとたん駆け寄って場所取り^^

IMG_6804.jpg

あおは、この爪研ぎはあまり好みじゃないので、コレはうみのものです^^
思う存分、爪を研いで寛いでね。

IMG_6805.jpg

******
今回、数年ぶりで風邪を引いたわたし。(もう治りました)
うみの看病疲れもあったのですが、直接の原因はマウスピースを付けて寝ていて、ぼんやり口をあけていたために喉が乾燥して、喉痛から風邪となりました。

またマウスピースを付けて寝て、喉が乾燥したらイヤなので、今はマウスピース無しで寝てるのですが、せっかく症状がおさまっている顎関節症が再発してもイヤだし、どうしましょう。
加湿器をつけて寝ればいいのか・・・そういえば我が家に加湿器って無かったな。

IMG_6861.jpg

Amazon で見つけた、スライムのようなカタチの加湿器。
可愛くて買っちゃいました(笑)
LEDライトも付いていて、色が変わります。

ほら、チェック魔がやってきたww

IMG_6863.jpg

「なんだこれ。あやしいヤツが現れたにゃ」

IMG_6864.jpg

しばらく水蒸気を見ていたあおくんです。

IMG_6865.jpg

けっこうな勢いで出てるよね。
これでマウスピースを付けて寝ても大丈夫かなあ??ドキドキ。。。

IMG_6867.jpg

ちなみに、うみはまったく興味が無いようですw
華麗にスルーしてました。

nice!(88)  コメント(45) 
共通テーマ:アート

やっと行けた!ピエール・ボナール展 [アート]

国立新美術館で開催している「ピエール・ボナール展」に行ってきました。

IMG_6890.jpg

オルセー美術館と、国内の美術館の所蔵品あわせて 130 点を超えるボナール作品が観られます。もっと早くに行くつもりだったけど、なにせうみちゃんの病気があったからね^^;
今月 17 日までの開催です。

19 世紀末のフランス。
ナビ派(簡単に言うと、ゴーギャンの絵画理論に強い影響を受けた人たちの集まり)からスタートしたボナール。当時ジャポニスムが一世を風靡していたので、浮世絵の影響をかなり受けた人です。

IMG_6921.jpg

縦長の構図や平面的な絵画を描いてました。
その後は、目にした光の印象を絵画化していって、独自の世界に入っていくんだけど、ボナールの作品には猫がわりと描かれていて、この作品 ↓ を観に展覧会に行ったと言っても過言ではないですw

IMG_6919.jpg

のび〜〜っとした猫ちゃん。可愛いんだよねーww
もちろん、こちらの作品も可愛いのですが^^

IMG_6918.jpg

でも一番気に入ったのはこの作品。
「食卓の母と二人の子ども」というタイトルなんだけど、どうみても主役は絵の中心にいる猫!って私は思っちゃったよ。

0001.jpg

ポストカードが売られていなかったので、小さい画像しか探せなかった。
これだと分からないけど、実物の作品では、猫はとっても得意げな顔(ドヤ顔と言って良いかも?)をしていて、その表情がたまらなく良かったです。

さてさて。
コート・ダジュールのル・カネという場所に家を買ったボナールは、晩年をここで過ごしました。第二次世界大戦のときもこの地に留まって、「永遠の夏の景色」を描いたんだそうです。
どの作品も光にあふれていて素敵でした。

IMG_6920.jpg

こちらが最後の作品。「花咲くアーモンドの木」(1946-47)

0002.jpg

この作品を描いてる頃は、もうほとんど自分で絵筆を握れなくなっていたとか。
甥に頼んで、もとは緑色だった画面左下を澄んだ黄色に塗り替えて貰ったそうです。緑の地面よりも幻想的になって、どことなく光り輝いて、天に導かれそうな・・・というのは考えすぎか(笑)
心がじんわりする素敵な作品でした。

********
ピエール・ボナール展
国立新美術館
2018年9月26日〜12月17日
http://bonnard2018.exhn.jp/
********

この展覧会のあとは、腹ごしらえをして展覧会のハシゴ。
その記事は後日^^

IMG_6883.jpg

おまけ画像はあおの寝姿^^
ちょっと絵画っぽい???(笑)

nice!(77)  コメント(32) 
共通テーマ:アート

8Kで文化財 国宝「聖徳太子絵伝」 [アート]

この秋読んでいた本。
厩戸皇子(聖徳太子)の小説です。

IMG_6802 2.jpg

なぜ厩戸は大王(天皇)になれなかったのか、推古女帝はなぜそこまで厩戸を避けた(嫌っていた)のか。丹後旅行をしたときに、厩戸や厩戸の母にゆかりのある場所に行って、「なるほどなー」と思ったことが、この小説にも描かれておりました。
そして、厩戸皇子一族の滅亡は厩戸が偉大すぎたが故、ある意味仕方のないことだったのかなあ・・・とも思いましたわ。

また法隆寺に行きたくなったよ^^

なーんて思って読了したら、トーハクで国宝の「聖徳太子絵伝」が大型8Kモニターで楽しめるイベントをしてることを知りました。こりゃ行かなくちゃ^^

IMG_6842.jpg

トーハク内の法隆寺宝物館・資料室で 12 月 25 日まで楽しめます。
法隆寺宝物館に向かう途中の道は、いつの季節も楽しめて好きです。今の時期は紅葉。大きな銀杏の木が見事な黄金色^^

IMG_6845.jpg

今年初めて、まじまじと紅葉を見ましたわ。

IMG_6847.jpg

国宝・聖徳太子絵伝。現物は平安時代のもの。傷みもはげしく、正直よく見ることが出来ないのですが、超高精細カメラで絵の細部まで撮影した画像だと、絵の様子もかなり分かります。

IMG_6850.jpg

タブレットで見たい場所をタップすると、大画面に拡大されたものが映し出されてました。残念ながらタブレットが 2 台しかなくて、他の人にもゆずってあげるので、長時間見ることが出来なかったわ。閉館時間前だったら、人もいなくて心おきなく見られるかな?なんて思いました^^

館内の 2F には、鎌倉時代に描かれた「聖徳太子絵伝」が展示されていました。こちらは重要文化財。

IMG_6851.jpg

写真撮影出来たので撮ってきた。
うーん、超高精細カメラじゃないので拡大しても、あまりよく分からないかな(笑)

IMG_6854.jpg

雰囲気だけ楽しみました^^

IMG_6852.jpg

さてさて、いつもなら展覧会後はラーメンの写真ですが今回は違うのだ。

IMG_6859.jpg

ラーメン屋さんの OPEN には早かったので、駅構内でお弁当を買って帰ってきたよ。こういうお弁当久しぶり。美味しかったです^^

******
8Kで文化財 国宝「聖徳太子絵伝」
東京国立博物館 法隆寺宝物館・資料室
2018年11月27日~2018年12月25日
https://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=dtl&cid=5&id=9918
******

昨日の記事、4000記事目だったんですね。
管理画面で気づきました(笑)
これからもいつも通りブログ続けていきますーー ^o^)/

nice!(77)  コメント(35) 
共通テーマ:アート